ヤマダ電機の決算セール情報、2023年の注目在庫処分品まとめ

家電量販店の決算セール情報をまとめています。

家電量販店の決算セールまとめ「開催月と利益確定商品」
家電量販店のセールに関する情報をまとめています。 ブラックフライデー 歳末・初売り、年末年始のセール クリアランス/アウトレットセール 家電量販店の福袋 このページでは、「決算セール」についてまとめています。 2023年の大手家電量販店決算...

このページではヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールのチラシなどの情報をまとめつつ「これは買い」「これはスルー」なんてことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

2023年の「ヤマダ電機(ウェブコム)」の決算セール情報

2023年の「ヤマダ電機(ウェブコム)」の2023/09/02時点での決算セール情報をまとめています。気になるセール内容に合わせて、随時更新しています。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セール公式HPの情報はこちらから。

2023年の「ヤマダ電機(ウェブコム)」の決算セール概要

2023年の決算セールセールに関する情報です。

基本的には家電情報に張り付いていますので、セール情報やお年玉箱再販の情報が知りたい場合には私のTwitterアカウントなんぞをフォローするといいかもしれません。

セール情報や福袋情報を淡々とつぶやくアカウントなので、皆様のタイムラインを汚すことはあんまりないと思います。

開催期間

開催期間は以下の日程となっています。

  • 8月中旬より決算セールをスタート
  • 店舗によっては2月ごろに決算大特価セールを開催

セール期間のお得な特典

セール期間中は、以下のお得な特典などがあるようです。

  • 在庫処分品セール
  • ポイント還元率アップキャンペーン
  • 下取り・設置キャンペーン

2023年8月〜決算セールの目玉商品・おすすめ商品

また更新したので、少しずつ足していきます。

ヤマダウェブコム 決算セール:シャープ KI-PX100 プラズマクラスターNEXT搭載 加湿空気清浄機 ホワイト系

空気清浄機のセール情報はこちらにもまとめています。

「空気清浄機」の底値セールまとめ、決算から歳末・福袋
「空気清浄機、加湿器、除湿器」を年末年始/決算セールに購入するタイミングを見極めるための情報をまとめていきます。福袋情報をまとめるついでですが、セール情報もキャッチしたら更新します。

2023-09-02時点でのシャープのKI-PX100 プラズマクラスターNEXT搭載 加湿空気清浄機 ホワイト系について紹介します。

KI-PX100の特徴
  • シャープ史上最高イオン濃度「プラズマクラスターNEXT」搭載
  • ウィルス飛沫粒子の捕集数を約2倍に高める「飛沫粒子モード」新搭載
  • 業界初1,000ml/hの大容量加湿機能
価格

53,801円(税込)

お得度

価格情報のみで割引率は不明。

セール期間

情報が提供されていません。

KI-PX100のメリット、注意したいポイント
  • メリット:大容量の加湿能力、高い空気浄化力、多機能センサーによる自動運転
  • 注意点:価格が高め、運転音が最大で53dB

セールでチェックしておきたい、おすすめ商品などをまとめました。普段販売している価格と比較するために、Amazonや楽天市場でいくらで販売されているかをチェックできるようにリンクしています。

簡単に各ショップで商品が検索できるようにしているものなので、あくまで参考価格としてご利用ください。

ヤマダウェブコム決算大還元セール、イチ押し!:日立 PKV-BK3K V クリーナー

2023年8月18日時点での日立のPKV-BK3K V クリーナー ライトラベンダー PKVBK3K Vについて紹介します。

PKV-BK3K V クリーナー ライトラベンダー PKVBK3K Vの特徴
  • 片手でラクラク使える軽さで、驚きの吸引力を持つ「ハイパワー3Dファンモーター」を搭載
  • 紙パック式でお手入れが簡単
  • 「ごみくっきりライト」搭載で見えにくいごみも浮かび上がる
価格

¥42,893円(税込)

お得度

特定の割引率は明記されていませんが、イチ押し商品であることからお得な価格であると推測されます。

セール期間

特定のセール期間は明記されていません。

PKV-BK3K V クリーナー ライトラベンダー PKVBK3K Vのメリット、注意したいポイント
  • 1.1kgという軽さで、様々な場所での掃除が容易
  • 紙パック交換の頻度が低く、パワーが長持ちする

ヤマダウェブコム決算大還元セール:アップル(Apple) MQD83J/A AirPods Pro (第2世代) ワイヤレスヘッドフォン

2023年8月18日時点でのAppleのMQD83J/A AirPods Pro (第2世代) ワイヤレスヘッドフォンについて紹介します。

各ショップボタンを押すと「Apple AirPods Pro MQD83J/A」と検索できます。
MQD83J/A AirPods Pro (第2世代) ワイヤレスヘッドフォンの特徴
  • 周囲の不要な音を低減するアクティブノイズキャンセリング
  • 外部の音を取り込みながら、周囲からの大きな雑音を低減する適応型環境音除去
  • 聴く人をサウンドで包み込む、パーソナライズされた空間オーディオと、ダイナミックヘッドトラッキング
価格

¥39,800円(税込)

お得度

特定の割引率は明記されていませんが、ヤマダウェブコム決算大還元セール期間中の特価商品であることがわかります。

セール期間

特定のセール期間は明記されていません。

MQD83J/A AirPods Pro (第2世代) ワイヤレスヘッドフォンのメリット、注意したいポイント
  • サイズを選べるイヤーチップ(XS、S、M、L)により、フィット感が向上。
  • 最大6時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングをオンにした場合)

2023年のヤマダ電機(ウェブコム)決算セールは行くべき?

2023年のヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールの評判などをまとめていきます。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールでチェックしておきたいこと

  • 9月中間決算、3月決算には「ヨドバシ」「ヤマダ」「ケーズデンキ」「エディオン」「ジョーシン」「ノジマ」が該当
  • 2月中間決算、8月決算には「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」が該当
  • 同時期に家電量販店セールが開催される
  • 在庫処分品を狙うことになるが、どこが一番安いかは要検討

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールの評判

価格交渉
大処分値札が、安くないだと?
店舗によっては2月より決算セールを開催

決算内容短評

決算が発表された後に、ヤマダ電機(ウェブコム)で発表された情報や、SNSなどでの評価についてまとめておきます。

スポンサーリンク

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セール情報

ここでは、毎年決算セール情報をまとめてきて培った知識・経験をメモがわりに載せておくスペースです。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールで「買うべきか、スルーすべきか」と悩んだ時に参考になる情報をまとめています。

他にも決算セール情報はこちらにまとめているので、他のショップも気になったら参考にしてみてください。

家電量販店の歳末・初売りセールの情報まとめ
家電量販店の年末・年始のセール情報を投げ入れておくためのページです。

ヤマダ電機(ウェブコム)の公式情報まとめ

ヤマダ電機(ウェブコム)の公式HPや各種SNSアカウント、販売店舗などへのリンク集としてご活用ください。

ヤマダ電機・ヤマダウェブコムの公式HP

ヤマダ電機・ヤマダウェブコムの公式HP・公式オンラインショップはこちらになります。

ヤマダ電機・ヤマダウェブコムの各種アカウント情報

Twitter

instagram
Facebook
動画チャンネルなど

楽天市場やYahoo!ショッピングは安くなる?

各ショップボタンを押すと「ヤマダ電機」と検索できます。
楽天市場

【PR】

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールの例年の日程

開催日予測や情報収集のために、例年のヤマダ電機(ウェブコム)決算セールの開催日程をメモしておきます。

過去のヤマダ電機(ウェブコム)決算セール開催日程一覧リスト

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算は「3月」となっています。中間決算は「9月」となります。

総決算セール
  • 2023年:
  • 2022年:
  • 2021年:
中間決算セール
  • 2023年:
  • 2022年:
  • 2021年:

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールはどんなイベント?

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールで知っておいてもそれほど得にはならない豆知識情報を載せておきます。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールとは

家電量販店においては、最も「安売り」が期待できるセールが「決算」と「歳末」です。

決算とは、会計年度末に納税額を決めるために必要な処理となります。会計年度の期日はそれぞれの企業・法人事業者が設定するものなので、必ずしも「12月」や「3月」になるとは限りません。

決算書は株主総会に提出して公表される数字となるため、少しでも見立てが良くなるように決算期日の前にセールを行うことが多いです。安売りをすることで、集客して売上を確保する目的と、余剰在庫を処分して税金対策をするなどの目的でセールが行われます。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算は「月」に行われます。

会計期日の決算を「本決算」として、4半期(3ヶ月)ごとに業績報告として決算を公開するところもあります。四半期決算は3月に決算がある場合だと、「6月末(第1四半期決算)」「9月末(中間決算)」「12月末(第3四半期決算)」「3月末(本決算)」の年間計4回の決算報告があるということになります。

このため、総決算(本決算)セール以外にも、中間決算セールも開催される店舗があることもあります。ヤマダ電機(ウェブコム)においては中間決算セールの開催も期待できるため、「月」は要チェックだと言えます。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールで注意すること

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールで考えておきたいことなどをまとめておきます。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールはお買い得なのか

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールはお買い得な傾向にあります。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールは3月と9月に開催されますが、年末年始のセールが終わった後に冷え込む3月の「決算セール」は、年度末に向けての需要の変化をいち早く掴むためにも大事なセールです。

また、一般的な企業のボーナスは6〜7月ごろに支給されますが、ボーナスで買いたくなるような高額商品の売れ行きが期待できる8月〜9月のセールとなる「決算セール」も一年の業績を評価してもらうためにもヤマダ電機(ウェブコム)にとって最重要とも言えるセールになります。

一般的に、生活家電のモデルチェンジが3月か10月ごろ(需要が高まる時期の少し前)が多いとされています。iPhoneのモデルチェンジが9月であるため、家電量販店での販売にも注目が集まる時期だと言えます。モデルチェンジ前に「型落ち商品」となる予定のものが「処分したい在庫」として取り扱われるようになってきます。

家電が一番売れる時期だからこそ、他社に負けないセールを開催されることがヤマダ電機(ウェブコム)には期待できます。

決算セール限定商品などは登場する?

ヤマダ電機(ウェブコム)は決算セールに合わせて、在庫処分などのセールが開催される傾向にあるので、毎日セール品をチェックしておきたいところです。

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールQ&A

Q
ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールはいつ?
A

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算は3月にあります。そのため、決算セールと名がつくものは「中間決算セール」が9月ごろ、「総決算セール」が3月に開催されます。

Q
ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールは他のセールと比べて安くなるの?
A

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールは、安い商品もあれば「決算セールとはいうものの、まだまだ本領発揮してないよね」という見掛け倒しの値札を使うこともあります。

ワゴンセールなどに登場するような「本当に底値で売るしかない商品」をゲットするには定期的にチェックする必要はありますが、決算直前ほど期待値は上がります。

Q
ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールのお買い得商品、おすすめ商品は何?
A

ヤマダ電機(ウェブコム)の決算セールお買い得商品は以下のものをお勧めします。

  • 季節物家電がクリアランス
  • モデルチェンジ商品が在庫一掃に登場
  • 決算前の最終処分価格の商品が多数セール対象に

ヤマダ電機(ウェブコム)以外のセール情報、福袋情報が知りたい

他にも年末年始、色々買いたくなっちゃうようなセールがたくさんあるので、当サイトでまとめているものを紹介します。

家電量販店の決算セール情報リスト

各家電量販店の決算セールに関する情報をまとめた記事をリストにしておきます。

家電量販店の決算セールまとめ「開催月と利益確定商品」
家電量販店のセールに関する情報をまとめています。 ブラックフライデー 歳末・初売り、年末年始のセール クリアランス/アウトレットセール 家電量販店の福袋 このページでは、「決算セール」についてまとめています。 2023年の大手家電量販店決算...

Apple製品のセールに関する情報

Apple製品の年末〜初売りまでのセール情報をまとめたページはこちら。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

製品ごとにセールをまとめているのは以下。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「決算 日立 通期」に関する最新情報です。

    産業用装置・システム/業務用機器業界の4社、ダイキン、日立、三菱電機、三菱重工の3Q決算結果が発表された。この中で、三菱重工が前期の通期受注額に到達したことが注目されている。各社の増収率は、ダイキンが7.5%増、日立がマイナス16.1%、三菱電機が1.5%増、三菱重工が12.1%増であった。日立は2桁の減収だったが、特殊事情が影響しており、悲観する状況ではないとされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vZGlhbW9uZC5qcC9hcnRpY2xlcy8tLzMzOTg0M9IBJmh0dHBzOi8vZGlhbW9uZC5qcC9hcnRpY2xlcy9hbXAvMzM5ODQz?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – ニッセイアセットマネジメント株式会社が「新しいNISA」でどのような投資先を選ぶかについての情報が提供されている
    – 2024年3月4日に日経平均株価が史上初めて4万円を超え、年初から6500円以上値上がりしたことが速報として報じられている
    – 決算書を読む際にトレードオフを理解していないと危険であることが強調されている
    – 米国株の上昇などが影響し、日経平均株価が初めて4万円を超えるなど株価が急上昇している状況について報じられている
    – 2024年3月9日から10日にかけて「決算特選車ビッグチャンスフェア」が開催され、特選車の決算に関連した情報が提供される予定である

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  3. buchikuma-info より:

    「決算 クラウド クラウド ストライク」に関する最新情報です。

    今週は米国の企業決算が発表されます。セキュリティ企業のクラウドストライクや半導体企業のブロードコムなどが決算を発表します。クラウドストライクの決算では、サービスの引合いの強さやAI向けニーズの高まりに注目が集まっています。決算発表時の予想株価変動率は11.0%で、10-12月期を中心とした決算が予定されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMihwJodHRwczovL3d3dy5zYmlzZWMuY28uanAvRVRHYXRlLz9PdXRTaWRlPW9uJl9Db250cm9sSUQ9V1BMRVRtZ1IwMDFDb250cm9sJl9QYWdlSUQ9V1BMRVRtZ1IwMDFNZHRsMjAmX0RhdGFTdG9yZUlEPURTV1BMRVRtZ1IwMDFDb250cm9sJl9BY3Rpb25JRD1EZWZhdWx0QUlEJmdldEZsZz1vbiZidXJsPXNlYXJjaF9tYXJrZXQmY2F0MT1tYXJrZXQmY2F0Mj1yZXBvcnQmZGlyPXJlcG9ydCZmaWxlPW1hcmtldF9yZXBvcnRfZm9fYW1lcmljYV9lcl8yNDAzMDQuaHRtbNIBAA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「事業者 採択 補助金」に関する最新情報です。

    独立行政法人中小企業基盤整備機構は、「小規模事業者持続化補助金(一般型)」の補助事業者を採択しました。この補助金は中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援する取り組みであり、設備投資やIT導入、販路開拓、事業承継などを支援しています。中小機構は中小企業の成長を促進し、経済の発展に貢献することを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001445.000021609.html

  5. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 3月におすすめの高配当株5選が紹介されている。高利回りと好決算の株を選ぶことがポイント。
    – 電気代に関する情報が提示されており、4月の使用分の値引額や5月の使用分の値引幅が半減する見込み。2024年夏までの延長論や自治体独自の補助金についても言及。
    – 日立製作所の第3四半期の決算分析や今後の株価についての情報が提供されている。
    – 帝人の決算分析では、3Qの営業利益が67.3%減少し、大幅な減益となったことが報告されている。通期業績の下方修正や医薬品事業のパテントクリフによる影響が指摘されている。
    – クラレの決算分析では、営業利益が13.4%減少し、大幅な減益となったことが報告されている。イソプレン事業の赤字や光学用フィルムの好調が取り上げられており、配当利回りや今後の株価についても解説されている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  6. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 三井不動産が株式分割と優待新設を発表
    – サクシード、QPS研究所、ホッカンHD、ゼネラルパッカー、日本基礎技術などの株が注目
    – NTTやソフトバンクの通信株が予想外の動き
    – 日経平均株価がバブル到来と言われるなか、絶好調な日本株の決算から狙いたい銘柄をプログラムで厳選
    – オムロンの決算では通期純利益が98%減少し、大幅な減益が発表された。業績悪化に伴いリストラが行われ、従業員2000人が削減される見込み。しかし、構造改革期待で株価が上昇する可能性もある。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  7. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – エヌビディアが省エネ性能向上した「H200」を2Qに出荷開始予定
    – アプライド・マテリアルズの業績が好調で、HBM向け、DRAM向け、中国向けが拡大
    – エヌビディアとアプライド・マテリアルズの決算が注目されている
    – FY23Q3のC3aiの決算が2024年2月29日に発表される
    – 田中泰輔氏が米国株の生成AI相場について解説
    – 日経平均株価が「3万9000円」を超える神経戦が続き、3月は波乱の展開が予想されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  8. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 米国株のインサイダー売りが注目されており、株価の動向に影響を与えている可能性がある。
    – 2024年3月1日には株価が上昇する可能性がある株やストップ高候補株がいくつか挙げられている。
    – 米ディスカウント大手のモーサテは年末商戦で好調であり、増収増益を達成している。
    – Microsoftは3兆ドルの時価総額を突破し、絶好調な業績を示している。
    – エヌビディアの決算が衝撃的であり、株式市場ではバーベル戦略が注目されている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  9. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – エヌビディアの決算内容が授業48で取り上げられた
    – 日経平均株価が過去最高値を記録
    – チョコザップの目的について瀬戸社長に直撃インタビュー
    – 予定より前倒しで黒字化達成した理由が明らかに
    – 令和6年2月28日に予算決算常任委員会が開催
    – 株式会社広済堂ホールディングスが個人投資家向け説明会を実施
    – 今仕込んでいる銘柄の特徴について言及
    – 好決算で株価が落ち着いている銘柄が狙い目とのアドバイス

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  10. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – バークシャー株が好感され、市場で最高値を記録
    – ドミノ・ピザは増収減益で、追加自社株買いを発表
    – 2月27日の株価上昇株やストップ高候補株の情報が提供される
    – 原口一博衆院議が2023年衆院決算行政監視委での質問後にコメント
    – エヌビディアの2024年第4四半期の決算分析が行われ、株価の今後について議論

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  11. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 日経平均株価が史上最高値を更新し、終値は3万9233円に達した
    – エヌビディアが過去最高の決算を発表し、株価に追い風をもたらす
    – ウォーレン・バフェットが米国株に関して警告を発している
    – 予算決算常任委員会が開催された
    – NVIDIAの好決算を受けて、AI関連銘柄への資金が流入している
    – 日経平均株価が34年ぶりの最高値を記録し、半導体関連銘柄が好調で株価を牽引している
    – 海外から日本株への資金流入が増加しており、景況感も高まっている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  12. buchikuma-info より:

    「ai 企業 活用」に関する最新情報です。

    カヤックは、AIを活用して企業の課題解決やクリエイターの支援を行う「AI事業部」を立ち上げた。この部署では、各企業のニーズに合わせたAIシステム開発やソフトウェア開発に取り組み、XRやデジタルアニメーション部門と連携して映像制作やコンテンツ開発も行う。部長には、VRやメタバース関連の経験豊富な天野清之氏が就任し、AIの活用範囲を拡大していく計画だ。

    https://gamebiz.jp/news/382301

  13. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 3月の最強高配当株20選が紹介されており、有望な高配当株について解説されている。
    – 株価が騰がっていない3月決算の高配当株5銘柄が紹介されている。
    – 日本電気硝子の決算分析では、純利益261億円の大赤字があり、今期は黒字化で株価上昇が期待されている。株主還元も大幅強化を宣言し、配当利回りは3.6%で買いの検討がされている。
    – エヌビディアの決算に関する反応を見るための情報が提供されている。
    – 新NISAの最新ランキングには、KDDI、JT、NTT、三菱商事、三菱UFJ、任天堂、アステラス製薬、トヨタ、三菱重工業、あおぞら銀行などが含まれており、株式投資の参考になる情報が提供されている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  14. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 2/23には日本株が強い動きを見せ、NVIDIAの決算が半導体株を爆騰させた
    – 日経平均がバブル高値を越え、お祭り騒ぎの状況
    – ドル円相場が150円台に到達
    – 米国株やナスダックも急騰の可能性があるか
    – 仮想通貨ビットコインも強い動きを見せている
    – 広瀬隆雄氏が最新の米国株に関する意見を発表
    – 65才がエヌビディア決算直前にレバレッジ投資した結果に関する情報
    – 衝撃的なインパクトを持つ超決算株主優待ベスト15の紹介
    – ソシオネクストやレーザーテックなどの半導体株の決算や業績を比較し、配当金や株価などについて言及

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  15. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – NVIDIAの決算が好調で、半導体株が爆騰している
    – 日経平均がバブル高値を越え、株価が急上昇している
    – ドル円相場が150円台になり、米国株やナスダックも急騰している可能性がある
    – 仮想通貨ビットコインも強い動きを見せている
    – RIZAP株がついに黒字化し、決算説明資料が注目されている
    – 青汁王子の三崎優太氏が大量買いしている株が8倍になるなど、注目の株がある
    – エヌビディアの決算後に株価が急上昇し、米国株も史上最高値を更新しているが、異常事態として警戒されている
    – スノーピークの決算内容が衝撃的で、キャンプブームの終焉が原因とされている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  16. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – エヌビディアの2024年1月期4Qの業績が好調で、会社側は2025年1月期1Qも業績好調を見込む
    – スーパー・マイクロ・コンピューターはエヌビディアの好業績を受けて目標株価を引き上げる
    – NVIDIAの決算発表により、半導体株が爆騰し、日本株が強い動きを見せる
    – 日経平均株価がバブル高値を越え、ドル円相場が150円台に
    – 米国株やナスダックも急騰し、仮想通貨ビットコインも強い動きを見せる
    – 専門家の予想では、日経平均株価の行方は「一進一退」であり、一部の企業は厳しい状況になる可能性がある
    – NYダウ平均株価が史上初の3万9000ドルを突破し、AI需要が株価を引き上げる要因となっている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  17. buchikuma-info より:

    「ana 決算 決算 異変」に関する最新情報です。

    日本航空(JAL)は収益性を重視し、一方でANAホールディングス(HD)は国際線を拡充して売上高を伸ばしてきた。最近では、ANAが営業利益でJALを逆転し、売上高や利益でもANAが上回っている。この異変が起きている背景には、航空業界の動向がある。

    https://toyokeizai.net/articles/-/735820?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  18. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – エヌビディアは2025年1月期第1四半期も好調な業績を見込んでおり、売上高や純利益が過去最高を記録
    – スーパー・マイクロ・コンピューターはエヌビディアの好業績を受けて目標株価を引き上げ
    – NVIDIAの好決算により半導体株が爆騰し、日経平均株価が史上最高値を更新
    – 日本株が強い状況で、ドル円相場が150円台に到達し、米国株やナスダックも急騰の可能性がある
    – エヌビディアの決算では売上高が200億ドルを突破し、日経平均株価にも影響を与えている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  19. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 2月21日、日本株が異常事態に。半導体株急落で日経平均上昇ストップ。
    – 高配当株の動向が注目される中、ドル円相場は150円台に。
    – エヌビディアの決算が米国株やナスダックに影響。重要な局面に。
    – 仮想通貨ビットコインは高値推移。
    – 日経平均株価の最高値更新には「NVIDIAの決算」がカギ。
    – 米国株では、最大の勝者が急落し、その背景に何があるのかが焦点。
    – 米国のウォルマートの決算では、既存店が堅調で、テレビメーカー買収も話題に。
    – 米国のNVIDIAの決算に注目すべき理由が紹介されている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  20. buchikuma-info より:

    「決算 el payc」に関する最新情報です。

    エスティローダー、ペイパル・ホールディングス、ペイコム・ソフトウェアなどの米国株の決算結果が発表されました。エスティローダーは市場予想を上回る88セントの1株利益を達成し、ペイパル・ホールディングスは1.48ドル、ペイコム・ソフトウェアは1.93ドルの1株利益をそれぞれ上回りました。一方、チェッグは市場予想を下回る0.36ドルの1株利益となりました。今後の株価見通しに注目が集まる中、各企業の決算総括や今後の展望が注目されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vbWVkaWEubW9uZXguY28uanAvYXJ0aWNsZXMvLS8yMzg1NdIBLGh0dHBzOi8vbWVkaWEubW9uZXguY28uanAvYXJ0aWNsZXMvYW1wLzIzODU1?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 2月20日、日本株市場で大きな変動が発生。高配当や出遅れ銘柄に資金が流入加速。
    – 半導体株ではNVIDIAの決算次第で異常事態が発生する可能性がある。
    – 日経平均株価がバブル時の高値更新を果たすか注目されている。
    – 米国株市場やナスダックも重要な局面にあり、注視が必要。
    – 仮想通貨ビットコインは強い動きを見せている。
    – NVIDIAの決算に注目が集まっており、株価の動向が注目されている。
    – 2月21日の株価上昇やストップ高候補株に関する情報が提供されている。
    – アドバンテスト(6857)ではNVIDIAの決算を前に戦略が共有されている。
    – エヌビディアの決算待ちが東京市場で話題となっている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  22. buchikuma-info より:

    「kddi 決算 kddi ローソン」に関する最新情報です。

    2024年1月の能登半島地震や各社の戦略の違いにより、政府主導の料金引き下げ要請による影響を克服し業績回復に向かう携帯4社の決算には明暗が見られる。KDDIはローソンの株式を取得し、通信以外の事業で動きを見せている。NTTドコモの売上高と営業利益は増加しており、KDDIも増収増益を達成している。

    https://japan.cnet.com/article/35215433/

  23. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 伊藤忠と三菱商事の決算が好調で、特に伊藤忠が「超地味ポートフォリオ」で好業績を記録
    – 2月19日の日本株市場では、半導体株から高配当株や中小型株への資金移動が加速し、日経平均がバブル高値を超える可能性も
    – ドル円相場は150円を超える展開で、米国株市場ではNVIDIAの決算を受けてナスダックが大荒れの可能性あり
    – 2月20日の株価上昇が期待される銘柄やストップ高候補銘柄、株式投資やデイトレの参考情報が提供される
    – 楽天の赤字決算について解説動画が公開され、日経平均株価の高値更新や米半導体大手の決算発表、FOMC議事要旨公表が注目されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  24. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 日本株市場では、日経平均がバブル時の高値を超える可能性がある動きが注目されている。
    – 半導体株では高配当が期待され、資金が中小型株に移動する動きが見られている。
    – ドル円相場は150円台で推移しており、米国株市場ではNVIDIAの決算を受けてナスダックが大荒れする可能性がある。
    – 仮想通貨ビットコインは強い動きを見せている。
    – 楽天モバイルに関しては、光回線への期待と課題があり、決算分析が注目されている。
    – SBI日本高配当株式ファンドがNISAで人気であり、銘柄追加が行われている。
    – スノーピークの2023年12月期決算について、キャンプブームの終焉に関する解説が行われている。
    – 2月17日にはINPEXとJTの12月期決算があり、今期の見通しが注目されている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  25. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 楽天が5期連続の赤字を記録し、キャッシュフローの安定性に疑問が投げかけられている
    – エアバスが納入数で競合他社を引き離す好決算を発表
    – 東京エレクトロンの今期の会社予想が上方修正され、アマゾン・ドット・コムの北米での業績が好調であることが報告されている
    – 東京エレクトロンとアマゾンの決算に注目が集まっており、半導体関連株に関するレポートが提供されている
    – ブリヂストンの決算についての情報が提供されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  26. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 楽天モバイルが0円プランを導入し、株主優待制度を変更することが発表された。
    – 楽天グループの決算は好調であったが、その裏で米国の配車サービスの運転手が抗議ストを行っていた。
    – 楽天グループの携帯電話事業は5年連続の赤字であり、収益改善が課題となっている。
    – 三木谷社長は資金繰りについて心配はないと述べており、楽天グループは3394億円の最終赤字を出している。
    – 2023年12月期の通期決算説明会が行われた。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  27. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 楽天グループは2023年通期決算で3394億円の最終赤字を記録し、モバイル事業の赤字が続いていることが明らかになった。
    – 楽天モバイルは0円プランを導入する予定であり、株主優待制度も変更される見通しとなっている。
    – 米マリオットの2024年の決算見通しは予想を下回る結果となった。
    – ある個人は決算ギャンブルで累計84万円の負けを出しており、最終日に勝利を願っている。
    – 2024年2月14日には株価が上昇する可能性のある銘柄やストップ高候補の銘柄がいくつか挙げられている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  28. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – INPEXとJTの決算が発表された。
    – 日経平均株価が上昇し、バブル後の最高値を更新した。
    – 米国株式市場の上昇、円安、企業の好調な決算が株価上昇の要因となった。
    – 総合化学メーカーの展望について解説が行われた。
    – INPEX、JT、メルカリの決算に関する分析が行われた。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  29. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – JT、INPEX、楽天、ヤマハ発動機、造船系などが決算を発表
    – S&P500指数が絶好調で、Meta、GAFAM(Google、Amazon、Apple、iPhone、Facebook)の株価が20%上昇
    – 中川雅博副編集長がMeta、GAFAMの無双決算を解説
    – 2024年2月に株式分割で買いやすくなるオススメの優良株3選を紹介
    – 日本製鉄(5401)が好決算を発表したが、上値が重い状況となっている
    – 東京エレクトロン(8035)、味の素(2802)、三菱HCキャピタル(8593)の決算内容を確認するための情報が提供されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  30. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 「好調な企業決算の陰で表面化する家計の景況感減退」では、企業の決算が順調な一方で、家計の景況感が低下していることが取り上げられています。
    – 「3Q 順調な決算!三菱HCキャピタル株の今後は?」では、三菱HCキャピタル株の決算が順調であることが報じられています。また、今後の展望についても言及されています。
    – 「ヤクルト本社(2267)決算後のトレード戦略。株式テクニカルチャート分析」では、ヤクルト本社の決算後のトレード戦略や株式のテクニカルチャート分析が紹介されています。
    – 「2/11 株式戦略 サプライズ決算銘柄なぜ下がる。裏をかく方法と参考銘柄。0120-700-888 までお問い合わせ【30年現役マネージャーのテクニカルで相場に勝つ】」では、サプライズ決算銘柄がなぜ下がるのか、裏をかく方法や参考銘柄について解説されています。
    – 「円谷フィールズHD(2767

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  31. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – NTT(9432)、ヤクルト本社(2267)、ENEOSホールディングス(5020)の決算内容の確認
    – 好調な企業決算の裏で、家計の景況感が減退していることが表面化
    – 三菱HCキャピタルの決算発表で夜間取引で株価が下落したが、今後の株価はどうなるか?
    – 高配当株の決算:ENEOS、三菱HCキャピタル、いすゞ自動車、セイノーHDは買いか?
    – 三菱UFJと三井住友の銀行株は3Q決算が好調だが、それでも株価は上がるのか?

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  32. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 2023年度第3四半期の決算説明会が開催される。
    – アドバンテスト、マイクロソフト、メタ・プラットフォームズの決算レポートが発表される。
    – 日経平均株価が3万7000円台に達し、決算が好調で米国株も高値を更新している。
    – アドバンテスト、マイクロソフト、メタの業績を見るための決算レポートが公開されている。
    – 広瀬隆雄氏によると、2月9日は米国株で最も儲かるタイミングだとされている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  33. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 日産自動車は2023年度の第3四半期決算を発表しました。
    – ソフトバンクグループは2024年3月期の第3四半期決算説明会を行いました。
    – 日本電信電話と本田技研工業も決算を発表しました。
    – 米国のウーバーはユーザー数が増加し、初めて通期で黒字を達成しました。
    – オリックス、花王、日本製鉄も決算内容を確認しました。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  34. buchikuma-info より:

    「事業 植木組 向上」に関する最新情報です。

    新潟県柏崎市に本社を置く植木組は、2024年3月期第3四半期決算で増収増益を達成した。建設部門の利益は前期を下回ったが、不動産事業やソフトウェア関連事業の収益が向上し、売上が増加したことが要因となっている。植木組は建設DXによる生産性向上などに取り組み、事業活動を展開している。

    https://www.niikei.jp/954915/

  35. buchikuma-info より:

    「半導体 業績 ai」に関する最新情報です。

    半導体関連企業の2023年度業績が冴えないことは既に予想されており、注目は2024年度以降の見通しに集まっている。しかし、最近の決算発表では、需要の動向よりも「AI半導体への期待」が注目されている。特に、アメリカの半導体メーカーであるエヌビディアのGPUは、AI半導体として注目されており、そのテスタを独占供給するのがアドバンテストである。

    https://toyokeizai.net/articles/-/733112?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  36. buchikuma-info より:

    「業績 ソフトバンク 宮川」に関する最新情報です。

    ソフトバンクの宮川社長は、KDDIがローソンの株式を半数獲得することを評価しつつも、「当社としてはそういう方向ではない」と述べた。ソフトバンクは日本の小売業界全体のデジタル化を目指しており、KDDIとは戦略に違いがあると考えている。また、ソフトバンクは好調な業績を受けて通期業績予想を上方修正し、特にコンシューマ事業では営業利益を200億円引き上げる見込み。ただし、宮川社長はこの施策にはチャレンジ要素があり、「半分は(総務省に)怒られるかと思ってやった」と述べたが、総務省からの指導は受けていないとして今後も継続していく姿勢を示している。

    https://japan.cnet.com/article/35214977/

  37. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – エヌビディアの決算からNYCBショック、大統領選まで、S&P500が歴史的な高値を記録している。
    – 楽天証券の篠田尚子氏と経済アナリストの森永康平氏は、「2024年の米国株の見通し」について予想している。
    – 米イーライリリーの決算では、糖尿病・肥満症治療薬が好調であることが報告された。
    – 花王、AGC、オリックスの決算速報が発表された。上方修正や増配が行われている。
    – 任天堂は、過去最高益を達成した。マリオブラザーズワンダーなどが貢献している。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  38. buchikuma-info より:

    「経常 463百万 決算」に関する最新情報です。

    テレビ東京ホールディングスは、2024年3月期第3四半期の経常損益が6,463百万円であったことを発表しました。通期の経常損益予想は前回予想を据え置き、1.3%増益の9,500百万円を予想しています。これはIFISコンセンサスを1.1%上回る水準です。関連銘柄としては、テレビ朝日、TBS、フジメディア、博報堂DYHがよく見られています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUGh0dHBzOi8vZmluYW5jZS55YWhvby5jby5qcC9uZXdzL2RldGFpbC83Yzc5NDMzM2NhNmQ3YWJmY2FiNTRhY2E4YjhjNGZlZjUzYTJhNDhk0gEA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – トヨタ自動車の今年3月期の通期業績見通しが上方修正され、最終利益は4兆円を超える見込み。
    – 三菱商事と三菱重工業の株価が驚異的な上昇を見せている。
    – 青色申告決算書や収支内訳書のインボイス番号欄について、実は記載が不要であることが明らかになったが、確定申告の手続きは依然として煩雑である。
    – 2024年2月6日には株価が上昇する可能性が高い銘柄がいくつかあり、投資やデイトレードの参考になるとされている。具体的な銘柄としては、MCJ、ブレインパッド、GMOメディア、デクセリアルズ、ヤマシンフィルタ、いであ、焼津水産化学工業が挙げられている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  40. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 2月5日の相場解説では、日経平均株価が失速している可能性があるが、企業の決算は良好であることが伝えられている。
    – 全国保証と三菱UFJフィナンシャルグループの決算が発表された。
    – 2月4日には日本株が急落したが、GAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)の決算により日経平均は上昇した。しかし、海外勢の売り圧力により個人投資家が高値掴みをしてしまった可能性もある。
    – 米国の雇用統計によりドル円が急騰し、メタ(金属)関連銘柄や米国株、ナスダック、半導体株が強い動きを見せた。一方でレーザテックは急落した。
    – 三菱UFJは最強の決算を発表し、増益を達成し過去最高益となった。ホルダーにとっては喜ばしい結果となったが、株の売買は自己責任であることを念頭に置く必要がある。
    – みずほ証券とのコラボレーションでは、インフレ

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  41. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – UFJ、トヨタ、アステラス、三菱商事、日本製鉄、カバーなど、1400社が決算発表を行う。
    – エグイ株が高収益、好財務、高配当を兼ね備えており、最強と評価されている。
    – 決算を見る価値がある企業として、三越伊勢丹、エプソン、JAL、村田製作所、ザインエレクトロニクス、アルメディオ、愛知製鋼、山陽特殊鋼、合同製鉄、北越メタル、NTN、IRジャパン、イリソ電子、新東、日本高周波鋼業、アルインコが挙げられる。
    – 日本製鉄(5401)の決算直前の動きに注目が集まっている。
    – 丸紅や三井物産などの商社株の決算や業績を比較し、配当金や株価などを注目する。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  42. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 2月2日、日本株が急落する可能性があるとの報道がある。
    – GAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)の決算発表により、日経平均株価が上昇した。
    – 海外投資家が1兆円の売り注文を出し、個人投資家が高値で株を買ってしまった可能性がある。
    – 米国の雇用統計データが発表されるため、米国株、ナスダック、半導体株の動向が注目される。
    – レーザーテックの株価が急落した。
    – iPhoneにもAIが搭載される可能性があるとの報道がある。
    – 村田製作所、デンソー、KDDIの決算内容が確認される。
    – 米国のIT大手5社(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)が増収増益を達成し、特にAppleが好調であると報じられている。
    – 2月5日に上がる可能性のある株は、川崎汽船、みずほ、JAL、KDDI、三越伊勢丹の決算速報が注目される。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  43. buchikuma-info より:

    「マネーフォワード マネーフォワード 決算 決算」に関する最新情報です。

    マネーフォワードの決算資料は、暮らしの改善、お金の増やし方、将来の不安に備える方法、住まいの考え方、暮らしの豊かさ、お金のプロからの学びなど、さまざまなテーマをカバーしています。決算分析のコツについては、個人投資家である藤川里絵氏が、自身の経験をもとに投資家にとって重要な決算情報の分析方法を解説しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vbWVkaWEubW9uZXlmb3J3YXJkLmNvbS9nYWxsZXJpZXMvMzIxMj9vZj1nYWxsZXJ5X2Zvb3RlctIBAA?oc=5

  44. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 2024年2月2日にモーサテというハイテク企業の決算が発表された。
    – 半導体関連株のレーザーテック、アドバンスト・マイクロ・デバイス、スーパー・マイクロ・コンピューターも決算レポートを発表した。
    – 日本航空(JAL)は羽田空港の衝突事故から1か月後の第3四半期の決算説明会を行った。
    – デンソーと豊田自動織機は決算会見に先立ち、リコールと検査不正に関して謝罪した。
    – 丸紅、双日、三井物産も決算を発表した。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  45. buchikuma-info より:

    「オフ 割引 高額」に関する最新情報です。

    Amazonのビッグセール「タイムセール祭り」が開催中であり、Apple Watchや4Kテレビ、タブレットなどが高額割引されていることが報じられています。Apple Watchでは、Apple Watch Series 8が3万円〜4万円オフになっており、他のモデルも高額割引中です。また、ソニーの75型液晶テレビやレグザの55型モデル、LGの55型有機ELテレビなどのテレビも高額割引されています。さらに、SonosのサウンドバーやAnkerのポータブル電源などのガジェット関連のアイテムも大幅に割引されています。Amazonタイムセール祭りは2月4日までの期間限定であり、詳細は特設ページで確認できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnBoaWxld2ViLmNvbS9uZXdzL2QtYXYvMjAyNDAyLzAyLzU5NzY1Lmh0bWzSAQA?oc=5

  46. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 2024年2月2日に行われたハイテク3社の決算発表により、人気の高い配当株がストップ安となった。
    – 日本航空(JAL)は羽田空港の衝突事故から1か月後の第3四半期決算説明会をLIVE配信した。
    – 半導体関連株のレーザーテック、アドバンスト・マイクロ・デバイス、スーパー・マイクロ・コンピューターの決算レポートが楽天証券トウシルで報じられた。
    – デンソーと豊田自動織機は「リコール」と「検査不正」の問題が発覚し、決算会見に先立ち謝罪した。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  47. buchikuma-info より:

    「減益 事業 12」に関する最新情報です。

    富士通は2023年4~12月期の決算を発表し、売上収益は僅かながら増収だったものの、営業利益は大幅に減少した。主力のサービスソリューションは好調で増収に貢献したが、半導体パッケージのデバイス事業の減益が響いた。サービスソリューションの売上収益は増加し、持続可能な社会をつくるためのサービス群である「Uvance(ユーバンス)」事業も順調に推移している。一方、デバイスソリューションの売上収益は減少し、半導体パッケージの需要の低下や工場操業の低下が影響している。また、ハードウェアソリューションも減収減益となった。富士通は欧州地域のパソコン事業からの撤退も発表し、2024年4月までに終息させる方針を示している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9uZXdzLzI0LzAwMTUyL9IBAA?oc=5

  48. buchikuma-info より:

    「セミナー 決算 節税」に関する最新情報です。

    【ご好評につき定員を100名に増員!&セミナー詳細決定】2月6日(火)にオンラインで開催される「節税セミナー」の参加者定員が100名に増加しました。このセミナーは、総勢55名の国税OB集団が開催し、中小企業の経営者に向けて決算直前の節税対策についての情報を提供します。セミナーでは、税務署がチェックするポイントや極意などについて、講師からの講義とパネルディスカッションが行われます。参加は無料で、申し込みはウェブサイトから行えます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000176.000018429.html

  49. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – 配当利回り10%の株、レーザーテック、商船三井、信越化学がQ&A開示を行う。
    – 米ボーイングの決算が赤字幅を縮小し、見通しは公表されていない。
    – 日立の2024年3月期第3四半期の決算説明会が開催される。
    – 2023年度の第3四半期決算説明会が行われる。
    – マグニフィセント・セブン(マイクロソフト、アップル、グーグル、アマゾン、NVIDIA、メタ、テスラ)の決算が発表される。ITバブル02、AIバブル、半導体バブルの恩恵を受ける企業はどこかが注目される。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

  50. buchikuma-info より:

    「決算」に関するYouTubeの話題です。

    – マイクロソフトの決算はAI需要の増加により、30%以上の大幅な増益を達成した。
    – AMDの決算は業績見通しを下回り、予想に届かなかった。
    – 1月31日に上がる可能性のある日本の株式投資銘柄には、ソシオネクスト、コマツ、オリエンタルランド、積水化学、キヤノン、NEC、JR東海の決算速報が含まれている。
    – 米国株のニュースでは、1月31日にマイクロソフト、Google、AMDの決算速報が報じられている。
    – Googleの売りで、マイクロソフトの買いが好感され、期待通りの強さを示した。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=決算

タイトルとURLをコピーしました