2024年の家電量販店「初売り/福袋(お年玉箱)」情報

このページでは「福袋」に特化した情報をまとめていますが、シンプルに狙った商品を安く購入したい、年末年始にもセール情報を追いたい方のために、歳末・初売り情報のまとめページも作りました。こちらの参考にしてみてください。

家電量販店の歳末・初売りセールの情報まとめ
家電量販店の年末・年始のセール情報を投げ入れておくためのページです。
スポンサーリンク

2024年、家電量販店の福袋情報

2024年度版の家電量販店福袋情報をまとめます。

2024年の家電量販店福袋の販売日程表

販売日程に関する情報です。

福袋・セールカレンダー

Googleカレンダーでセールや福袋の日程を管理するようにしました。

家電量販店オンライン予約/抽選開始日実店舗販売日発表日備考
ヨドバシカメラ第1回:2023年11月27日
第2回:2022年12月11日?
例年は元旦・営業初日に販売2023年11月25日2022年は12月31日にオンラインで追加販売あり
ビックカメラ2023年12月5日例年は元旦・営業初日に販売2023年12月2021年は7日ごろにゲリラ販売
ソフマップ2023年12月5日例年は元旦・営業初日に販売2023年12月2019年はサーバー落ち
コジマ2024年1月1日AM0:00?例年は元旦・営業初日に販売未定
エディオン2023年12月31日ごろ例年は元旦・営業初日に販売未定
カメラのキタムラ2024年1月4日ごろ?例年は元旦・営業初日に販売未定2023年は初売り時期を1月4日ごろにずらしました
ヤマダ電機2024年1月2日?例年は1月2日・営業初日に販売未定
ケーズデンキ202年1月2日?例年は1月2日・営業初日に販売未定2021年は元旦に発表
ノジマ2023年12月31日18時例年は元旦・営業初日に販売2023年12月19日ごろ12月20日にお年玉BOX販売、プレセールは12月29日午前10時から、31日18時に商品拡充
ジョーシン2023年12月23日10時販売開始12月23日に初売り開催未定2023年は12月23日に初売りスタート

家電量販店、年末年始のセール/福袋情報

以下に家電量販店の年末年始のセール情報をまとめたページへのリンクをリストにしておきました。

ビックカメラ「福箱」のカテゴリ別ネタバレリンク
ヨドバシカメラ「お年玉箱」のカテゴリ別ネタバレリンク

今年度のネタバレ内容は12月26日以降に発送され次第更新していきます。それまでは昨年度の情報を参考にしてみてください。

ビックカメラのセール関連記事
家電量販店の福袋販売状況
商品カテゴリ別の福袋/セール情報まとめ

2024年にApple製品が欲しいなら

Apple製品は定価からなかなかセール対象にならないので、iPadやAppleWatchを初売りや福袋で購入することを考えている方も多いかと思います。とはいえ、いろんな家電量販店のセールをチェックするのは大変、ということで、まとめページ、作りました。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

iPhoneのセール情報

iPhoneのセール情報に関してはこちらにまとめています。

iPhoneを今買うならどこが安い?Apple製品セール情報まとめ
iPhoneを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

iPadのセール情報

iPadのセール情報に関してはこちらにまとめています。

iPadを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
iPad (Pro)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

AirPodsのセール情報

AirPodsのセール情報に関してはこちらにまとめています。

AirPodsを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AirPodsを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

HomePodのセール情報

HomePodのセール情報に関してはこちらにまとめています。

HomePodを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
HomePod(mini)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

AppleWatchのセール情報

AppleWatchのセール情報に関してはこちらにまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

Apple TVのセール情報

AppleTVのセール情報に関してはこちらにまとめています。

AppleTVを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleTVを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

2024年、家電福袋のおすすめ情報リスト

ヨドバシ、ビックカメラ、ジョーシン、エディオン、ケーズデンキ、ヤマダ電機、ソフマップ、コジマ、ノジマの家電福袋情報をまとめています。

ヨドバシカメラは11月27日より抽選受付開始!

ヨドバシカメラのお年玉箱は2024年は11月27日に抽選開始

ヨドバシカメラのお年玉箱の情報はこちらになります。

2024年のヨドバシカメラお年玉箱、中身の予想とネタバレ報告会場
ヨドバシカメラの初売り情報・お年玉箱情報をまとめていきます。全てのお年玉箱の予想・ネタバレ情報まとめを完了しました。おすすめ度を検討しています。

例年、再抽選追加分、ゲリラ販売の日程もまとめているのですが、情報が拡散しすぎて読みづらいので専用ページを作っておきました。

ヨドバシお年玉箱再販決定、今後の日程とゲリラ販売まとめ
ヨドバシカメラのお年玉箱は、再抽選とゲリラ販売があるため、過去のデータから販売日程や狙い目情報をまとめておきます。

情報が多くなりすぎて、さらに要所に拡散しすぎたので、集約するためにヨドバシ・ビックの福袋比較記事を用意しました。

2024年版、ヨドバシとビック元旦にはどちらの実店舗に行く?
ビックカメラとヨドバシカメラの福袋情報が出揃ってきたので、ネタバレを反映させつつ、元旦当日にどっちに行くべきか考えていきます。開店時間が違う場所が多いので共存もできますが。

当日買いに行く際にヨドバシの「行列はどれくらい?まだ福袋あるの?」という疑問に答える情報をまとめたページも作りました。

ヨドバシカメラ、福袋・初売りのために並ぶ価値ある?「行列近況更新」
ヨドバシカメラのお年玉箱販売の行列についての情報をまとめています。どこの店舗で、何が残っていて、いく価値はあるのか、なんて情報が欲しい時にお勧めです。

ビックカメラ・ソフマップは12月5日に決定

ビックカメラソフマップ、コジマネットの福袋情報です。

ビックカメラ

2024年は12月5日に抽選受付を開始しました。

【2024年版】ビックカメラの福箱情報とネタバレ中身公開情報
ビックカメラの福袋情報をまとめています。例年、何かしらやらかしがあるビックカメラの福箱最新情報と、発表された福箱の予想・ネタバレ・お得度調査をしています。

ビックカメラの行列・売り切れ情報などをまとめているページも作りました。

ビックカメラの初売り・福袋行列情報「並ぶ価値はある?」
ビックカメラのお年玉箱販売の行列についての情報をまとめています。どこの店舗で、何が残っていて、いく価値はあるのか、なんて情報が欲しい時にお勧めです。

ソフマップ

ビックカメラと同日に抽選受付を開始。

2024年ソフマップの新春福箱情報「ビックカメラと何が違う?」
ビックカメラの完全子会社で、福袋の傾向にも共通点はあるソフマップ、どの福袋を狙うべきかなどの考察や過去の福袋の情報などをまとめています。個人的には中古ゲームソフト福袋が面白かったのですが、ラインナップの転換期にあります。

コジマ

コジマネットの福袋情報「ビックカメラとどっちがいい?」という記事を参考にしてみてください。

コジマネットの福袋情報「ビックカメラとどっちがいい?」
家電量販店のコジマの福袋情報です。ペットショップのコジマではありませんがどちらも人気の福袋。ビックカメラ系列になったコジマの場合、どちらで買うべきか、なんて考察なんかもしています。

エディオン

新潟にはエディオンがないので実感が湧かないのですが、エディオンについても福袋ウォッチしているついでに情報拾っていきます。

2022年、エディオン(Edion)の福袋情報「おもちゃ系が狙い目」
エディオンの福袋についての情報をまとめています。エディオンは低価格帯の福袋の満足度が高い傾向があり、おもちゃ系も豊富な取り扱いがあって全世代に受け入れやすい内容に仕上がっています。

カメラのキタムラ

カメラのキタムラの福袋情報をまとめています。2023年は1月4日に初売り開始。

カメラのキタムラは中古カメラはチェックしておきたいところ。

カメラのキタムラ福袋・初売り情報【2023年のトレンド】
カメラのキタムラの福袋情報をまとめています。ヨドバシ・ビックカメラに比較するといまいちお得感がないのですが、中古のカメラに関しては狙い目もあるので狙い所などの商品について考えてみたいと思います。

ヤマダウェブコム・ヤマダ電機

2024年は例年通りであれば1月2日の初売りおよび福袋販売開始となりそうです。

例年通り、1月2日はヤマダ電機もチェックしておきたいところです。ウェブコムは10時販売開始なので自宅待機組は一緒に張り付きましょー。

2023年、ヤマダ電機の福袋情報「発売予想とネタバレ」
ヤマダ電機の福袋情報を毎年まとめています。新年の発売がいつになるか、中身はどんなものがあるか、福袋よりもっとお得なセール商品があるんじゃないの?という時に各店舗の販売状況と比較しながら情報をまとめています。

ケーズデンキ

ケーズデンキも例年通りであれば1月2日スタートです。オンライン店舗も情報公開あり。

ケーズデンキの福袋情報、2023年バージョン
ケーズデンキの福袋情報を更新していきます。ただ、ケーズさんはサプライズ演出が少なくて、「おぉ!」とならないのであんまり楽しみでもなかったりする。

ノジマ

ノジマの福袋についてはこちらのページでまとめています。

2023年は、2022年12月31日18時よりセール開始。

2024年、ノジマ(nojima)の福袋情報「お年玉BOX」
ノジマの福袋についてまとめています。例年だと12月末日からオンラインストア、年始の営業開始から実店舗販売となるが果たして。他店舗との比較や、セールに関する情報と比較して「お買い得か」をみていきます。

ジョーシン

ジョーシンの福袋情報はこちらのページでまとめています。

2023年は12月24日に初売りセールを開催。福袋も一部が公開中。

2024年のジョーシン(Joshin)の福袋情報「ガンプラと鉄道模型」
ジョーシンの福袋は、比較的人気の高く程よく行列もできますが、買えないほどでもないので狙い目です。ガンプラや鉄道系の福袋に関しては注目度も高く、購入方法や狙いどころなどを解説しています。

その他、家電や、パソコンやスマホの中古を取り扱うお店の福袋

最近は、スマホの端末価格が高いのと、パソコンはそれほど予算さかなくていいや、という個人的な需要の変化により、中古市場を眺める時間が増えました。

というわけで、中古専門店や取扱のあるお店、主要家電量販店ではないお店などの福袋情報はここにまとめます。

フロンティア

フロンティアの福袋に関する情報はこちらにまとめています。

2024年、フロンティアの福袋情報「サーバーダウン対策」
フロンティア(Frontier)の福袋に関する情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

富士通 WEB MART

富士通WEB MARTの福袋情報はこちらにまとめています。

2024年、富士通WEB MARTの福袋情報「お買い得セール感」
富士通WEB MARTの福袋に関する情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

OPPOの福袋情報

OPPOの福袋情報はこちらにまとめています。

2024年、OPPOの福袋情報「中身が見えてしまう」
OPPOの福袋に関する情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

ファーウェイ(HUAWEI)の福袋情報

ファーウェイの福袋情報をまとめた記事は以下。

2024年、ファーウェイの福袋情報「値段もお得度も高め」
ファーウェイの福袋に関する情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

Ankerの福袋情報

Ankerの福袋情報はこちらにまとめています。

2024年、Ankerの福袋情報「整理券は即終了コース」
Ankerの福袋に関する情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

イオシスの福袋情報

イオシスの福袋に関する情報はこちらにまとめています。

2023年イオシス「100万円」福袋を販売予定、誰が買っているのか
イオシスの福袋情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

パソコン工房の福袋情報

パソコン工房の福袋に関する情報はこちらをどうぞ。

2024年「パソコン工房」新春初売りと福袋の販売を発表
パソコン工房の福袋情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

ゲオの福袋情報

ゲオの福袋に関する情報はこちら。

2023年ゲオ(GEO)の福袋情報
「ゲオ(GEO)」の福袋に関する情報をまとめましたので、購入の際の参考にしてみてください。 飲食店などの福袋情報をまとめたページはこちらになります。 コーヒー関連の福袋をまとめたページはこちら。 注目の家電量販店の福袋用ページもあります。 ...

ドスパラの福袋情報

ドスパラの福袋に関する情報はこちら。

2023年「ドスパラ」の福袋、店頭ゲリラ販売は期待できるか
ドスパラの福袋に関する情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

finalの福袋情報

国内イヤホンブランドでお馴染み「final」の福袋に関する情報をまとめています。

2024年「final」イヤホン福袋、サーバーダウン必須の熾烈な戦い
国内イヤホンブランドでお馴染みのfinalの福袋に関する情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

shokzの福袋情報

shokzの福袋に関する情報をまとめています。

2024年、shokzの福袋情報「利益確定、おまけ分だけお得」
shokzの福袋に関する情報をまとめています。予約/発売日や購入方法、本当にお得かどうか、他の人の評価やネタバレ情報などをざっくばらんにお届けしています。

サンコーの福袋情報

サンコーの生活家電福袋に関する情報をまとめたページはこちら。

2023年サンコーの鬱袋情報「ガラクタか宝の山か」
サンコーの福袋情報についてまとめています。ネタバレ、中身予想から、サンコーならではの「本当にお得なのか」や「買って楽しいか」みたいなことを評価していきたいと思います。

ECサイトで家電福袋を買う場合の情報

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの福袋情報についてまとめています。

Amazon

初売りと同時にAmazonが福袋販売します。2023年は1月3日開催が決定。元旦も2日も休ませてくれるなんてAmazonはホワイト企業だな。

例年通り、見えるやつと見えないやつがあるので、ラインナップくらいはチェックしておきたいところです。

Amazon 2023年の新春初売りセール情報
Amazonの初売り情報をまとめています。Amazonのお得なスマートスピーカーやタブレットから、Apple製品や人気家電メーカーなど取扱いの幅が広いので、欲しいアイテムを探すまでにも時間がかかってしまいます。とりあえずみておきたいおすすめ...

【2023年】Amazonの福袋は「見える」「見えない」2タイプ発売
Amazonの初売り情報の「福袋」についてまとめています。当サイトは夏頃からひたすら福袋の予想をしています。これまでのAmazon福袋の、お得度などが分かるように努めています。

楽天市場の福袋も攻略したい

楽天のポイント還元セールとかち合えば、かなりお買い得に福袋がゲットできます!

2023年も公式福袋ページの案内が12月26日より告知されました。

楽天市場でお得な福袋をゲットする!

楽天市場には、ビックカメラやトイザらスなどの、実店舗よりも協力なオンラインストアが入っているので、年末年始も気を抜かずに要チェックです。楽天市場の福袋情報もまとめています。

30代男性が楽天市場でお勧めできる福袋を探してみる【有象無象】
楽天市場にも福袋が溢れていたので、少し整理してみました。ファッション関係は楽天ブランドアベニューで安心して選ぶことができます。この辺りはYahoo!よりは選びやすい。グルメ関連や雑貨も取り扱いが多いので、年末年始は外出しないで福袋ショッピングを楽しみましょう。

Yahoo!ショッピングで福袋を探してみる

Yahoo!ショッピングにはLOHACOで日常的なお買い物までポイント還元しやすい仕組みができていますね。

Yahoo!ショッピングの福袋もまとめていますので、是非ともチェックしてみてください!

随時更新!Yahooショッピングで狙うべき福袋【30代男性チョイス】
Yahoo!ショッピングで販売される人気の福袋をピックアップしていきます。随時更新し、最新情報をお届けするよう努めています。今回は、30代男性チョイスとして、奥さんに絶対に怒られない、グルメ系から仕事のお供に欠かせないコーヒー、子供へのプレゼントも。

そのほかのジャンルの福袋

福袋の記事はたくさんあります。

コーヒー飲んでちょっと一息

こちらは家電量販店ではないのですが、コーヒー系の福袋についてはこちらに情報をまとめました。

「2024年対応」コーヒー・紅茶の福袋カレンダー・日程をまとめたページ
コーヒーや紅茶の福袋情報をまとめています。とりあえず予約日・発売日だけわかればあとは自分で何とかする、という方のためのページになります。最新の情報になりますが、新年の情報がない場合は旧年の情報を参考として掲載します。

飲食店系のお得な福袋情報

私はコーヒー系だけ買えればよかったのですが、子供ができてからは自分しか飲まないコーヒーよりも家族で過ごせる時間が大事だと思い、飲食店系の福袋もまとめてみました。

2024年、飲食店系の福袋情報まとめページ(スイーツやファストフード)
ファストフードから、ファミレス、スイーツなど、とりあえず気になった飲食店の福袋を片っ端から調べていったので、福袋巡りする時の参考にしてください。私も流石に全部はいきませんが、絶対欲しいところの目星をつけるためにまとめました。

福袋の買い方に関すること

これは蛇足ですが、福袋購入のために買い回る際に参考になる情報をまとめるページを作りました。我が家の計画用ですが、他の方の参考にもなるかもしれないので、情報共有しておきます。

元旦計画表

元旦に発売される福袋情報や初売り店舗に関する情報をまとめています。

福袋の優先順位の付け方についても書きましたが、ちょっと長いのでそこは読み飛ばしてください。

2024年元旦に買いに行くべき福袋特集「必勝法」
そろそろ元旦に人混みに飛び込んでもいいか、という気もしているので初売りで福袋買って過ごす方のためにこの時間帯にはこのお店、みたいなリストを作ることにしました。随時更新。

正月ロス対策、1月2日以降の福袋販売情報

福袋買い回った後の虚無感を想像したら、1月2日以降の福袋情報で希望を見出してほしいと思い。ページだけはつくっておきました。正月中にちょこちょこ修正する予定です。

福袋ロス、1月2日以降に販売されるものを特集「脱虚無感」
元旦を終えて、まだまだ現実に戻りたくない皆様のために、1月2日に初売りセールが本格化する店舗や、ゲリラ的に発売開始となるお買い得な福袋情報をまとめるページを用意しておきました。

2024年の家電福袋には何が入るのか

ここは家電業界の一年の振り返りみたいなことをやっています。例年、2023年→2024年に直すというのを夏頃にやるのですが、だいたい、このタイミングで福袋記事を仕込みます。何もしないと退屈なので、世間話をここでしているわけですね。

2024年の家電業界とChatGPT

今年はとにかく「ChatGPT」に振り回された一年でした。あいつは本当にすごくて、このブログの記事で「プレスリリースがある」場合にはもうChatGPTに体裁を整えてもらってコピペするだけになりました。

まだ「家電操作をAIが実行する」という点では(可能ではあるけども)まだまだ実用性には乏しく、OpenAIよりも、家電に近いところでハード機が作れるGoogleやAppleがどれだけ本気で参画してくるかで変わってきそうです。

ちなみに、家電を操作する、いわゆるスマートホームの規格はMatterというもので統一される流れにあります。

で、こういう時に「Matterってなんだ?」とか思うじゃないですか。検索してもいいんですけど、今年は全部ChatGPTに聞いて、これをそのまま記事にしちゃうってのが大きな変化でした。

Matterとは

「Matter」はスマートホームデバイス用の新しいオープンソースの共通規格です。以下にその主な特徴をまとめます:

  1. 多様なブランドのサポート: MatterはAmazon、Apple、Google、およびその他多くの企業によって共同で開発されています。これにより、異なるブランドのスマートホームデバイス間の互換性が保証されます。
  2. オープンソース: Matterはオープンソースであり、様々な企業が独自の製品にこの標準を組み込むことができます。
  3. 簡単な設定と操作: Matter規格は、スマートホームデバイスの設定と操作を簡単にすることを目的としています。ユーザーは異なるブランドのデバイスを簡単に連携させ、統一されたインターフェースで操作できるようになります。
  4. セキュリティとプライバシー: Matterはセキュリティとプライバシーを重視しており、データ保護と安全な通信を重要視しています。
  5. 幅広いデバイスカテゴリーのサポート: 照明、ロック、サーモスタット、セキュリティカメラ、ドアベルなど、多様な種類のスマートホームデバイスがMatter規格に対応します。
  6. ネットワークの柔軟性: Matterは、Wi-Fiやスレッドネットワークプロトコルをサポートし、スマートホームデバイス間の信頼性の高い接続を実現します。

この規格はスマートホームのエコシステムにおいて相互運用性とユーザーエクスペリエンスの向上を目指しており、今後のスマートホームデバイスの発展に大きな影響を与えることが期待されています。

2024年には何が変わるの?

検索との大きな違いは、やはり「自分がわからない部分を深掘りできる」というところだと思います。「知らないこと」を検索するのは結構大変ですが、とりあえずそれっぽいことをChatGPTは教えてくれるので、「それって本当なの?」と言質を取る必要はあるものの、とにかく便利です。

Matterが広く採用されることにより、2024年には家電業界において以下のような変化が起こる可能性があります:

  1. 互換性と統一性の向上: Matter規格により、異なるメーカーのスマートホームデバイス間の相互運用性が大幅に向上します。これにより、消費者はブランドに縛られることなく、様々なデバイスを自由に組み合わせて使用できるようになるでしょう。
  2. 新製品の市場投入の加速: Matter規格がスタンダードとして確立することで、企業は新しいスマートホームデバイスの開発と市場投入をより迅速に行えるようになります。特に小規模なメーカーや新規参入企業にとっては、市場への参入障壁が低下する可能性があります。
  3. ユーザーエクスペリエンスの向上: Matterによる簡易化されたセットアップと管理が、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。消費者はスマートホームデバイスをより簡単に設定し、一つのアプリまたはインターフェースで多様なデバイスを管理できるようになります。
  4. セキュリティとプライバシーの強化: Matterはセキュリティとプライバシーに特に注力しています。このため、スマートホームデバイスのセキュリティ基準が強化され、消費者の信頼を高めることに繋がるでしょう。
  5. 競争の激化と価格の変動: 標準化されたプラットフォームにより、より多くの企業が競争に参入することが可能になります。これにより競争が激化し、結果として消費者にとってはより良い製品がより手頃な価格で提供される可能性があります。
  6. エコシステムの発展: Matter規格の採用により、スマートホームエコシステム全体が発展し、より多くの連携可能なデバイスやサービスが生まれるでしょう。これにより、スマートホーム技術の利用が一般的になり、日常生活におけるその役割が拡大する可能性があります。

これらの予想される変化は、スマートホーム業界の進化と成熟を加速し、消費者に新たな利便性と体験を提供することに寄与するでしょう。

こんな感じで、とりあえず文章で埋めて「それっぽく仕上げる」のに労力を割かなくても良くなったのはありがたいです。ただ、もうこれをブログに載せる必要すらなくなっているんですけどね。

GateBoxで家電を操作できるか

似たような話題として、「生成系AIを活用すれば、自分の好きなキャラクターとリアルな会話を楽しめる」ということが考えられるのですが、これに一番近いところで活動しているのがGateBoxだと思います。

GateBoxは元々デジタルフィギュアとして、キャラクターを自分の部屋に召喚できるコンセプトのサービスですが、これがChatGPTと連携するための開発が進められています。

で、このGateBoxというのはClova(サービス終了予定)と連携して家電を操作することができたのですが、ここがうまくつながれば、「自分が好きなキャラクターが、毎朝自分のためにエアコンをつけてくれたり、ご飯を炊いてくれたりする」が可能になります。

GateBoxがうまくいくかどうかはわかりませんが、2024年のトレンドは間違いなく「生成AIを活用した家電のあり方」にはなってくると思います。

前述の通り、スマートホームの基本規格Matterも登場し、スマートホームの製品化は鰻登りで成長していく年になると思います。

では、具体的にどのようなジャンルの家電が伸びるのかを考えてみたいと思います。考える時には、そう、ChatGPTですね。

現在、ChatGPTのような生成系AIも登場し、家電業界にも変革が起こると考えられます。具体的にはどのようなジャンルの家電が、どのような新しい機能を持つことになると思いますか?

生成系AI技術の進化は、家電業界にも大きな変革をもたらすことが予想されます。以下に、その具体的な影響について考えてみましょう:

  1. 音声アシスタントの高度化: ChatGPTのような生成系AIを統合したスマートスピーカーや音声アシスタントは、より自然な会話が可能になり、ユーザーの質問に対してより詳細で役立つ回答を提供できるようになります。これにより、家庭内での情報検索、スケジュール管理、エンターテイメントの提供が一層便利になるでしょう。
  2. スマート家電の自動化とカスタマイズ: AIがユーザーの好みや行動パターンを学習することにより、スマート家電(例えば冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど)は、より個別化された使用経験を提供できるようになります。例えば、洗濯機が衣類の種類を自動で識別し、最適な洗浄プログラムを提案するなどです。
  3. 健康管理機能の強化: 特に健康関連の家電(例えばスマートスケールや睡眠トラッカー)では、生成系AIを利用してユーザーの健康データを分析し、個別の健康管理やアドバイスを提供する機能が強化される可能性があります。
  4. 教育とエンターテイメントの統合: 子供向けの教育家電やゲーム機器にAIを統合することで、個々の学習進度や興味に合わせた教育コンテンツの提供や、よりインタラクティブなゲーム体験が実現可能になります。
  5. セキュリティと監視の進化: AIを利用したセキュリティカメラや監視システムは、異常行動の検出や顔認識の精度を向上させ、家庭の安全をより効果的に保護することができるようになります。
  6. エネルギー管理の最適化: AIが家庭内のエネルギー消費パターンを分析し、電気使用量の最適化を図ることで、エネルギー効率の向上とコスト削減が実現される可能性があります。

これらの機能は、AI技術の進歩に伴い、より洗練され、ユーザーフレンドリーな家電製品が開発されることを示唆しています。それにより、日常生活がより便利で快適になることが期待されます。

音声アシスタントの高度化が、ユーザーエンドで考える際に最も身近で直接的な変化だと言えそうですが、AppleやGoogleの生成AIを利用した音声アシスタントの開発状況について、英語のクエリを利用して情報収集し、結果を日本語で要約してくれますか?

Appleの音声アシスタント(Siri)

  • 組織的な問題と慎重なアプローチ: AppleのAIおよびSiriの開発は組織的な機能不全と慎重なアプローチによって抑制されていると、元Apple従業員が指摘しています。Siriの機能性や時間の経過に伴う改善の欠如について社内でも批判されているようです​​。
  • プライバシーへの取り組み: Appleはプライバシーを重視しており、Siriの機能の多くを端末上で処理するようにしています。しかし、これによってSiriの機能強化にも影響が出ているとされます​​。
  • 開発方向性の問題: Siriの開発チームは、方向性に関する内部の意見の相違や高度なAI技術の導入に関する保守的なアプローチに直面しています​​。

Googleの音声アシスタント

  • オンデバイス処理の進化: Googleは、リカレントニューラルネットワークの進歩に基づき、新しい音声認識と言語理解モデルを開発し、これによりGoogleアシスタントのAIが端末上でほぼリアルタイムで音声処理を行えるようになりました​​。
  • 個人化機能の強化: Googleアシスタントは個人参照を通じてユーザーの重要な人物、場所、イベントをよりよく理解し、より自然な対話や個別の提案を提供できるようになります。例えば、特定のレシピやイベントに関する個別の提案が可能になります​​。
  • 車載モードの開発: Googleアシスタントには、車内での使用に特化したドライビングモードが導入されており、音声だけでナビゲーション、メッセージ送信、通話、メディア制御などが可能になります​​。

これらの情報から、AppleとGoogleはそれぞれ異なるアプローチで音声アシスタントの開発を進めており、Googleはオンデバイス処理と個人化機能の強化に重点を置いているのに対し、Appleは組織的な問題やプライバシーへの強い取り組みにより、開発の進行が遅れているようです。このことは、今後の両社の音声アシスタントの機能性と市場での立ち位置に影響を及ぼす可能性があります。

Microsoftの状況

Microsoftの生成AIを利用した音声アシスタントの開発状況は以下の通りです:

Microsoftの「Personal Voice」機能

  • パーソナライズされた体験: Microsoftは、Ignite 2023カンファレンスで「Personal Voice」機能を発表しました。この機能により、ユーザーは自分自身のAI音声を簡単に作成し、完全にパーソナライズされた音声体験を実現できます​​。
  • カスタムニューラルボイス機能: この機能を利用することで、ユーザーは1分間の音声サンプルを提供するだけで、100言語で音声を生成するAIを作成できます。これにより、ブランドやビジネスが独自のナチュラルな音声体験を構築できるようになります​​。
  • 多様な応用例: この技術は、音声アシスタント、ゲーム、言語ダビング、メディアやエンターテインメント、音声翻訳など、様々な用途での活用が可能です​​。
  • Haierとの協力: 中国のIoTスマートリビングブランドであるHaierは、Microsoftと協力して、スマートスピーカーやインテリジェント家電にブランド特有のパーソナライズされた音声体験を提供しています​​。

このように、Microsoftは音声アシスタントの分野で、AIを活用したパーソナライズされた音声体験を推進し、幅広い応用分野での革新を目指していることがわかります。これは、今後の音声アシスタントの使い方やユーザー体験に大きな影響を与える可能性があります。

では、各メーカーの開発状況を踏まえて、生成AIを利用した音声アシスタントでは、家電はどのように変わるのか改めて考察してみましょう。

生成AIを利用した音声アシスタントの進化に伴い、家電業界では以下のような変化が予想されます:

  1. パーソナライズされたインタラクション: ユーザーの声や行動パターンを学習し、個々のニーズに合わせたカスタマイズされたインタラクションが可能になります。例えば、音声による個別の設定指示や好みに合わせた機能の自動調整などです。
  2. 高度な音声認識と自然言語処理: より自然な会話形式でのコントロールが可能になり、ユーザーが簡単かつ直感的に家電を操作できるようになります。
  3. 予測と自動化の強化: AIがユーザーの行動や嗜好を予測し、家電の動作を自動的に調整します。例えば、朝のルーチンに合わせてコーヒーメーカーが作動する、空気質に基づいて空気清浄機が動作するなどです。
  4. ユーザー体験の向上: 音声アシスタントを通じて提供される情報やサービスが、よりパーソナライズされ、ユーザーにとって価値のあるものになります。
  5. 安全性と利便性の向上: 音声による操作は、特に高齢者や障害を持つユーザーにとって、安全で利便性の高いインターフェースを提供します。

これらの変化は、家電製品の使いやすさ、効率性、そして全体的なユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることに寄与するでしょう。

結局、2024年はどう変わるのか?

ここまで、意図的にChatGPTを利用して記事を構成させましたが、これこそが一番の変化だと思います。つまり、自分がChatGPTを利用していなくても、あなたの身の回りの情報はすでにChatGPTに侵食/汚染されていくというのが目下の問題であり、克服すべき課題だと思います。

ただ、これまでもネットの記事なんてPVさえ稼げれば情報の真偽は二の次にされていましたし、読者の方も自分の信じたい情報を検索していたような時代ですから、情報を提供する出力がChatGPTに変わったことは、実はさして大きな影響はないのかもしれません。

なんだったら、生成AIの方が「ハルシネーション(幻覚=誤った情報)」の可能性をユーザーが気に掛け訂正できる可能性がありますし、生成AIが発展するほどに幻覚生成は減っていくと考えられると、情報の純度や個人の指向性、カスタマイズ性はより顕著に向上していくと考えられます。

これで何が起きるかというと、わかりやすい現象でいえば「それほど頭の良くなかったホワイトカラーの職業が淘汰される」ことが考えられます。自分で何か発展的なことを考えることが苦手な人と、特定の分野においては一定の知識量が求められるような職種についている人の差が、生成AIの登場によって埋められるのは間違いなく、こんな感じで適当にブログ書いているような人は本当にこの世から必要なくなるでしょうね。

スポンサーリンク

2023年、家電量販店の福袋情報

2023年の家電量販店の福袋情報をまとめていきます。

2023年の家電量販店福袋の販売日程表

2023年は暫定版です。昨年の情報をもとに予想しています。

この表をみながら私も行動しているので情報共有しておきます。随時更新予定。とりあえず、昨年の実績をもとに予想を書いています。適宜修正します。

家電量販店オンライン予約/抽選開始日実店舗販売日発表日備考
ヨドバシカメラ第1回:2023年11月27日
第2回:2022年12月11日?
例年は元旦・営業初日に販売2023年11月25日2022年は12月31日にオンラインで追加販売あり
ビックカメラ2023年12月5日例年は元旦・営業初日に販売2023年12月2021年は7日ごろにゲリラ販売
ソフマップ2023年12月5日例年は元旦・営業初日に販売2023年12月2019年はサーバー落ち
コジマ2024年1月1日AM0:00?例年は元旦・営業初日に販売未定
エディオン2023年12月31日ごろ例年は元旦・営業初日に販売未定
カメラのキタムラ2024年1月4日ごろ?例年は元旦・営業初日に販売未定2023年は初売り時期を1月4日ごろにずらしました
ヤマダ電機2024年1月2日?例年は1月2日・営業初日に販売未定
ケーズデンキ202年1月2日?例年は1月2日・営業初日に販売未定2021年は元旦に発表
ノジマ2023年12月31日18時例年は元旦・営業初日に販売2023年12月19日ごろ12月20日にお年玉BOX販売、プレセールは12月29日午前10時から、31日18時に商品拡充
ジョーシン2023年12月23日10時販売開始12月23日に初売り開催未定2023年は12月23日に初売りスタート

福袋の買い方・必勝方法

福袋の購入の必勝方法といえば、シンプルに「早く行って並ぶ」ことが大事ですが、からだはひとつしかないので、優先順位を決めることが大事だといえます。

特に、初売りの本番とも言える元旦の日程の決め方は「福袋が買えるかどうか」も重要ですが、行動優先順位を決めるということは、家族や同行する友達など、一緒にいる人たちの意見をまとめることも大事になってきます。

というわけで、福袋を購入するための元旦の行動計画についてまとめた記事も書きましたので、こちらも参考にしてみてください。

2024年元旦に買いに行くべき福袋特集「必勝法」
そろそろ元旦に人混みに飛び込んでもいいか、という気もしているので初売りで福袋買って過ごす方のためにこの時間帯にはこのお店、みたいなリストを作ることにしました。随時更新。

ついでに、元旦が終わるとなんだか燃え尽き症候群が心配になってくるので、1月2日から始まる福袋販売についてもまとめるページを作っておきました。

福袋ロス、1月2日以降に販売されるものを特集「脱虚無感」
元旦を終えて、まだまだ現実に戻りたくない皆様のために、1月2日に初売りセールが本格化する店舗や、ゲリラ的に発売開始となるお買い得な福袋情報をまとめるページを用意しておきました。

ヨドバシカメラの実店舗初売り開催予定

例年通りであれば、一般店舗は1月1日、仙台は1月2日からですね。

2023年もヨドバシカメラの初売りが発表されましたので、お年玉箱にも期待があつまります。元旦は8自開店のお店が多いので、ヨドバシから始まる初売りになりそう。

ビックカメラの実店舗初売り開催予定

ビックカメラも初売り・福箱販売は2023年も開催が決定しました。1月1日でアナウンスされています。詳細はビックカメラの公式HP「店舗営業時間」からどうぞ。

例年通りであれば、実店舗の福箱販売では「抽選」販売と「先着」販売があります。

店舗ごとに対応が違うので必ずいくとこの広報はチェックしておきたい。

2023年、買いたいものごとに福袋・セールを探す

正直、いろんな家電量販店の福袋を探すのって面倒だし、いざ販売されていても「セールで買った方が安いんじゃない?」と思うことがしばしば。最近は、福袋の内容も劣化していてなおさら。

というわけで、「空気清浄機が気になるけど」「イヤホンはどうなの?」みたいな商品ごとに福袋やセール情報をまとめてみます。初の試みなのでうまくいかないかもしれませんが。

商品・ジャンルから探す福袋・セール商品

年末年始には福袋を漁る都合、さまざまなお買い得商品と出会って財布は瀕死なわけですが、皆様とも情報を共有してリスク分散したいと思います。

家電に関するお買い得商品リンク

2023年の家電福袋、どうなる?

まず、2022年の状況を考えると、家電業界には以下のような動きがあったと考えています。

  • 新型コロナの自粛ムードは縮小
  • オンラインの流れから、実店舗に客を戻す動きも
  • 小売は世界情勢から「値上げ」の動きが加速
  • 在宅勤務は縮小傾向
  • 家電のAI化は進むも、実用面での需要とは乖離傾向

企業としては、着実にスペックはステップアップしているものの、需要に変化を起こすようなイノベーションまでは起きておらず、むしろ、購買層は経済的な疲弊から無言の買い控えに至っているように感じます。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、家電を買い替えている余裕のある人はそれほど多くないってのが2022年の印象です。

コロナ窩は、社会側で大きな需要の変化が起きたこともあり、家電業界としては「これまで売れなかったものが売れる」ということもあり、どちらかといえばプレスに働いた時期ともいえましたが、コロナと共存する社会が定着に向かっており、「コロナ特需」も終わりを告げようとしています。

福袋の着眼点に絞れば、コロナ需要を見込んだ製品の処理に追われる年だと思いますので、以下の製品が福袋に入ってきそうな気がします。

  • 空気清浄機
  • リモートワーク関連(ウェブカメラ、汎用スペックラップトップなど)
  • 小型冷凍庫
  • 自宅トレーニング用品、エクササイズ家電
  • 在宅用美容家電

一方で、家電の価格のあり方も見直され、パナソニックが「指定価格」を一部商品に導入したことも大きな変化だと思います。

指定価格は、商品の価格をメーカーが決めることで、どの家電販売店で購入しても「値引きなし」となります。

パナソニックは一部のフラッグシップのみに適応しているため、廉価・汎用モデルに関しては従来通りとなります。しかし、一般消費者には「指定価格商品」と「一般値引き商品」の違いは分かりづらく、より一層「買い時」が読めない時代が来た、ともいえます。

家電業界としては「価格のあり方」が見直されるきっかけになるのが「指定価格」ですが、まだ全メーカーが追従しているわけではなく、様子見しているのが今の状況でしょう。

しろくま
しろくま

これは、「指定価格」の在庫処理はメーカーが行うことになるので、在庫処分の意味合いも含む家電業界の福袋のあり方が根底から問われることにはなりそうです。

また、ECマーケットの拡充・定着から、店舗に顧客を寄せ集める「福袋」の役割そのものが問われ始めており、消費者も昨今の福袋は、在庫詰め合わせの価格破壊的お得商品という従来の認識から、「ただのセット販売商品」に変わりつつあると思います。

かめ
かめ

正直なところ、もう福袋を買うよりもメルカリとかでお値打ち中古品を探した方がずっと安く仕入れられるみたいなところがあるので、福袋人気自体が下火になっているのが実情かと。

2023年の福袋は、上記の理由から、より一層厳しい展開になりそうだと踏んでいます。

ECマーケットでも成功しているヨドバシ・ビックカメラあたりはオンラインショップへの客寄せとして例年通りの「お得抽選福袋」は投入すると思いますが、地方に店舗を多数配置しているヤマダ・ケーズあたりは実店舗の福袋を止めることもありうるくらいだと思います。

ぶちくま
ぶちくま

平日どころか、休日にも人が閑散としていて、一日中何もせずに突っ立っているだけのベテラン従業員を見ているとゾッとしちゃうよね。

スポンサーリンク

2022年の家電量販店福袋はどうなる?

2021年を総括するとこんな感じ。

  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴い「大型店舗での福袋・初売りはほぼ自粛」
  • 2022年は感染が治っていると評価できるところもあって、ほぼ例年通りに開催傾向
  • 小型店舗では予約販売・日付/販売時間をずらして密集を避ける対策
  • 目玉らしい目玉はないが、営業利益が取れた企業も多く内容は安定
ぶちくま
ぶちくま

2020年は「コロナ対応」のためのリモートワーク関連商品が売れたけど、2021年は少し鈍化した感じがありますね。その流れで、供給過多になった商品が福袋入りする傾向に。

しろくまさん
しろくまさん

新しい生活様式から懐古的な巻き戻し状態になって、デルタ・オミクロン株の感染脅威もあって家電量販店にとってもいい動きではないですね。

2022年の家電量販店福袋の販売日程表

随時更新予定。発表日が今年のやつが最新情報に更新されています。

家電量販店オンライン予約/抽選開始日実店舗販売日発表日備考
ヨドバシカメラ第1回:2022年11月29日
第2回:2021年12月13日
例年は元旦・営業初日に販売2021年11月27日2020年は2回開催
ビックカメラ2021年12月8日例年は元旦・営業初日に販売2021年12月8日2021年は7日ごろにゲリラ販売
ソフマップ2021年12月8日例年は元旦・営業初日に販売2021年12月8日2019年はサーバー落ち
コジマ2022年1月1日AM0:00例年は元旦・営業初日に販売2021年12月31日
エディオン2021年12月25日例年は元旦・営業初日に販売不明(12月24日に察知)
カメラのキタムラ2022年1月1日12:00例年は元旦・営業初日に販売2021年12月27日2022年もオンラインは正午に販売開始
ヤマダ電機2022年1月2日例年は1月2日・営業初日に販売2021年12月26日前
ケーズデンキ2022年1月2日例年は1月2日・営業初日に販売2022年1月1日2021年は元旦に発表
ノジマ2021年12月31日18時例年は元旦・営業初日に販売2021年12月27日ブラックフライデーでお楽しみ袋を販売
ジョーシン12月25日(土)10時販売開始2020年12月26日(2022年は未定)2021年12月5日2021年はプレセールで先行

またコロナで自粛なのか

2021年10月現在の状況で考えると、2022年の初売りは多少の入場制限を実施すれば福袋販売もできそうですが、福袋の本来の役割が「人を集める」ことなので、どうしても感染予防とバッティングする項目となります。

しかし、根本的にリモートワークの促進は家電業界にとっては新しい分野への販売促進を刺激するので、福袋販売にとっては向かい風でも、業界全体で考えればコロナは追い風です。

福袋販売のあり方を根本から見つめ直すべきであったものが、コロナ対策の長期化によって「一時的な対策」から「生活様式の改革」へとシフトしてきているのを肌で感じます。

企業もウィズコロナの時代というよりは、その後の「脱炭素社会」を見据えたトータルバリューを得られる社会変革の波に乗ることを想定しています。

ややこしいことを抜きにすれば、もう「これまでの生活の維持」よりも「新しい社会への適応」を企業も消費者も考えている段階にあると言えます。

だから、福袋販売も、今までのように「さぁ、お店に来てお得な福袋を買おう!」ではなく、福袋を購入するためのステップにオンラインストアの利用を促すような仕組みづくりを考えていく段階に来ていると思います。

しろくまさん
しろくまさん

簡単に言えば、福袋はオンラインストアに呼び込む施策として機能させていこう、というふうになりそうですね。

ぶちくま
ぶちくま

福袋も、例えばお得な福袋をゲットできればそれでいいし、ダブルチャンスとして期間限定のお得なクーポンをアカウントに付与して、そのままオンラインストアで買い物できるような仕掛けが欲しいですよね。

しろくまさん
しろくまさん

年間の買い物利用回数でスタンプを貯められるようにして、福袋購入の投票券にしたりとか、まぁ考えればオンラインストアと結びつけて福袋を起点に購買意欲を刺激する施策はいくらでも取れそうですよね。

2022年の福袋で狙っておきたい家電

余談はさておき、2021年の家電業界の動きを考えた上で「この福袋があったら狙い目」というものを書いておこうと思います。

スマート家電

私もHomePodをあれこれいじって、スマートホーム化を進めていますが、家電のIoTは今後も進んでいくと思います。しかし、実際にあるのはIoTを積極的に取り入れていく人たちと、いまいち流れに乗れずにモノはあっても活用できない人たちとの分断があります。

実際、スマートホームで何ができるのか、というのは想像しづらいところですし、そのセットアップが面倒なのも事実。ただ、この面倒臭さを一挙に引き受けてくれるのがスマートハブ、スマートスピーカー。音声操作の認知向上により、スマートホームは今以上にとっつきやすい存在に進化してくれると考えられます。

スマートスピーカーってどれ買ったらいいの、否、そもそも、いる?
スマートスピーカーを使いこなすと便利ですが、世間一般では「スピーカーと喋ったところで生活が変わるわけがない」という認識が色濃いわけで。人生が変わるスマスピの選び方をお伝えします。
ぶちくま
ぶちくま

今は、指定したコマンド・キーワードを起点に「こう話しかければこうしてくれますよ」というのをユーザーが覚えないといけないので、だったらリモコンの方が直感的でいいや、となってしまいます。

しろくまさん
しろくまさん

これが、スマートハブの方でユーザーの意図を的確に拾い上げてくれるのはもちろんのこと、普段のユーザーの動きを学習してハブの方から提案してくれるようになるのがスマートホーム普及の第一歩になると思います。

というわけで、今後家電を買う場合は、少し「スマートスピーカーでの操作」も意識しておくことをお勧めします。HomeKit対応、やAlexa対応なんてものを選んでおくと、数年後に今よりずっと活用できるようになるかもしれません。

Homekit最新製品2024「HomePodやAppleTVと一緒に」
Homekit対応製品がぐいぐいと増えてきています。個人的にはAlexaには敵わないと思うところではありますが、HomePodもあることだし、早くホームアプリで管理したい、という願いを込めて情報収集しています。

パパの育児・家事サポート家電

これは私が育児・家事をしていて感じているだけのことなのですが、家事・育児を主戦場にする男性はリモートワークの加速も相まって劇的に増えてくることが予測されます。そして、実際に自分たちで家事・育児を始めると、男性ってばやっぱり「自分が使う道具」にこだわり始める生き物なんですよね。

教育のICT

育児に関しては、まず教育のICTが加速することで、モニターや音響設備、学習機材などの関連商品の需要が高まると思います。得意な女性はいますが、苦手な女性にとっては「男性の仕事」として機材の選択を男性が担うことは容易に想像できます。

まず、モニターの大型化とカメラ性能は向上すると思います。私はプロジェクターの活用が加速すると踏んで記事に仕込んでいますが、今後は家庭学習の重要性が高まることを考えると、入力を簡易化・多彩化する高性能タブレットなんかも需要が増すと思います。

授業を進める上では、やはりダイレクトに書き込んだ内容がフォローできた方がオンタイムの指導がしやすいですからね。

タブレットやプロジェクターは、パパの使い勝手の良いものを家族と共有で使うと良いと思います。

子供におススメしたいタブレット端末はどれ?
「とりあえず壊してもいい安いやつで」が一番高くなる理由について答えます。子供用のタブレットのおすすめと、コスパの良いものの選び方。子供だからこそ考えたい安全面への配慮など、とりあえず知っておきたい情報集めておきました。
在宅時間が増えて家事から逃げられなくなる

すでに男性の中でもいらっしゃると思いますが、在宅が増えるということは、家事にコミットする時間も増えます。もう、男性だからと家事から逃れることは共同生活の中ではあり得なくなることと思います。

ただ、家電は進歩していて、大変な家事というのは以前に比べればそう多くはありません。夫婦二人で家事をすれば、当然、ハウスワークで利用される家電への投資額は増えることになりますし、そこに男性の意見も軽んじられないようになっていくと思います。

そのため、家事用の家電もユニセックス化していくことが考えられます。今までは「ママが使いやすい」を売りにしていた家電がほとんどでしたが、デザインも性能も、男性をターゲットとして意識した家電が増えてくると思います。なんか、美容系も男性の取り込みのために化粧品売り場感がなくなってきていますよね。

専門色の強い家電

抽象的なことばかり書いて恐縮ですが、これからは多機能から単機能特化に移行していくと思います。家電の専門化ですね。

これはスマートホームにもつながるのですが、まず、根本的に家電が多機能化するのは、それほど多くの家電を持たずに、ひとつの家電で機能を賄う必要があったからです。多機能にするためには、家電ごとに統括するシステムを用意する必要があり、操作するボタンも複雑化していくわけですが、今の時代は「考える力はスマホ(スマートハブ)に任せればいい」というのがスマートホームの考え方になってきます。

ぶちくま
ぶちくま

誰もがパソコン並みに賢い「スマホ」を持つ時代だからこそ、操作やモニタリングの考える部分をスマホに任せることができるようになったわけだね。

加えて、多様性が叫ばれるようになった社会背景もあります。これまでは「みんなが使えるものが一番いい」でとりあえず便利な機能を盛り込めば消費者に響くものがありましたが、今は何が必要かを個人が自分で選んで、カスタマイズする時代です。

しろくまさん
しろくまさん

ほとんど料理はしないからガスコンロはいらないけど、鍋料理だけは好きだからホットクックのような電気調理鍋にはしっかりお金をかけよう、みたいな選択もありになってきたってことですね。

例えば、パナソニックのビストロのNE-UBS5A「マイスペック」なんかはわかりやすい形になったと思います。最近のレンジは超多機能でボタンが増えて、液晶が増えて、話もできるような有様ですが、レンジ自体はできればシンプルに使いたいのが本音です。必要になったものを後から付け足せるのは「選択肢を残す」「必要なものを選ぶ」というユーザーの自在性を尊重しているわけですね。

スポンサーリンク

過去の家電量販店系の福袋考察

古くなった情報はこちらに残しておきます。毎年更新しているんだなこの人ってことだけ確認してもらえれば幸いです。今年も元気です。

2021年に買うべき福袋

まず、先に申し上げますと、私個人の成績としては、2020年は2019年に引き続き、ビックカメラもヨドバシカメラも惨敗でした。

ぶちくま
ぶちくま

しかも、お正月はほとんど勤務で、実店舗にもいけない始末。。。

医療職・シフト制の悲しいところは、福袋商戦に参加するためのシフト勤務の抽選にも勝ち残らないといけないところ。

発売が確定した家電量販店

とりあえず、ここに各家電量販店の動きを書いておきます。

  • ヨドバシカメラは12月1日からオンライン抽選を受付開始
  • ビックカメラ・ソフマップは12月11日から週末まで
  • カメラのキタムラは元旦正午販売開始!
  • 1月2日はAmazon福袋
  • 同じく1月2日にヤマダウェブコム・ヤマダ電機が勝鬨をあげる

コロナ時代に福袋は販売されるの?

家電量販店の業績などをみていると、コロナによる「新しい需要」と「通販の好調」により、一部の量販店は業績を伸ばす結果となりました。

福袋としての影響で考えると、1年間で大きく「需要」が変化した年であり、売れるはずではなかったものが売れて、慌てて発注したら需要が落ち着いて供給過多になった、というパターンが考えられます。

供給過多はつまり在庫の発生であり、言い換えると福袋の内容を決める大事な要素なのですが、この点ではリモートワーク関連のデバイス・ガジェットの福袋登場が期待されます。

実店舗では販売されるのか

需要と供給とは別に、福袋には「来客を促す」ための役割もあります。いわば撒き餌イベントを設置して、店舗での初売りセールで別商品の同時購入を狙うものです。ネット販売だとこの動機付けが少し弱く、「必要なものだけ」を買う傾向にあります。

しろくまさん
しろくまさん

送料無料などで同時購入を促す施策はありますが、送料を上げすぎると他店舗に逃げられるので、この辺りの采配は難しいところですね。

ヨドバシカメラは割とオンラインショップが強く、最近はビックカメラも楽天市場あたりの出店も合わせてECサイトに力を入れ始めています。間違いなくオンラインでの福袋販売はあると考えられますが、ビック・ヨドバシ以下の地域系の家電量販店がどう動くかは見逃せないところです。

ぶちくま
ぶちくま

カメラのキタムラはもともとそんなに期待できる福袋販売をしていませんでしたが、勢力図を入れ替えるために「中古カメラ」あたりで何か仕掛けてこないかと期待しているところです。

カメラのキタムラ福袋・初売り情報【2023年のトレンド】
カメラのキタムラの福袋情報をまとめています。ヨドバシ・ビックカメラに比較するといまいちお得感がないのですが、中古のカメラに関しては狙い目もあるので狙い所などの商品について考えてみたいと思います。

また、地方に大型店舗を出店していた「ヤマダ電機」や「ケーズデンキ」あたりは、都会での集客には伸び悩んだところはあるようですが、比較的早期にコロナが落ち着いて「ちょっとしたお買い物」ポイントとして客足はつかんでいたようです。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、もともと実店舗は下り坂にはあったところなので、この辺りの店舗がどのように福袋を販売するかは気になるところですね。

感染予防上の「福袋販売」の注意点

注意点を列記するとこのような感じ。

コロナ対策と福袋販売のポイント
  • 店舗の対策よりも個人の対策
  • 対策のない店舗には行かない
  • 予想される人混みには飛び込まない
  • 時間帯をずらす、事前予約などの対策をする
  • クラスター発生時の対策をしておく

福袋のお得度よりも、コロナ感染の方が圧倒的に高くつきます。「自分は大丈夫」と思って行きたくなるところですが、感染が流行している中で「自分が大丈夫」と外出する方達が密度を高くすることを考えると、コロナ感染のリスクは普通の混雑時よりもずっと高いものだと考えられます。

しかも、コロナに感染した時に「福袋を買いに」とはかなり言いにくいと思います。社会的な信用も考えれば、混雑の予想される福袋の販売、及び購入はかなりのリスクではあることは口を酸っぱくして申し上げておきます。

行列対策と福袋販売は矛盾

ちなみに、医療職として福袋販売を感染の問題から考えると、長時間の列を作るような販売の仕方はNGです。

結果的に列ができてしまう場合は仕方がないと社会も認知してくれますが、福袋販売で行列ができるのは事前にわかることで、しかも他店も販売方法を「予約制」に変えるなど工夫している中なので、現在のコロナ第3波がきていることを考えると、実店舗販売はかなりの制限が必要だと考えられます。

時代は「自己防衛」に

各店舗対策は取ると思いますが、第3波移行のコロナに関しては「自己防衛」を考えて、過度には恐れず、自分が加害者にも被害者にもならないような感染対策をしていくことが必要だと考えられます。

場合によっては、年末年始の「外出自粛」も大いに考えられる事態になっていますが、仮に「自粛」という曖昧な言葉で具体的な制限が出ていなくても、「混雑するところにはコロナあり」という気持ちで、もし自分が正月にコロナに感染したら、ということを考えて、最小限の外出と、外出時の3密回避と感染予防策の実施を心がけたいところです。

人混みのリスクをアセスメントする

先に申し上げましたが、福袋販売に殺到してしまうような人混みは「コロナリスク」は高いと考えた方がいいです。同様に、コロナの感染対策をあまり考えずに例年通りの営業をしようとしてしまう店舗に対しても嗅覚鋭く「危ない店だ」と考えた方がいいと思います。

顧客の非難はあっても臨機応変に「福袋販売を中止」できればいいですし、もっと言えば事前にガイドラインを作っておき、「感染発生時」「顧客密度が過剰な時」「クレーム客が炎上した時」などの対応は事前にシミュレートしておきたいところです。

販売店だと、顧客がマスクを着用していない時に入店拒否などしづらいとは思いますが客観的な指標は事前に提示して、発熱・風邪症状などが発覚した顧客がいたときに毅然とした対応が取れるかどうかは、2021年のコロナ禍での福袋販売の見どころではあると思います。

しろくまさん
しろくまさん

咳をしているだけで、他の客が「追い出せ」ってクレーム入れてきたりも考えられそうだしね。

福袋販売でのクラスター把握

ちなみに、コーヒー系の福袋は来店してもらうことも目的ではあるのでオンラインor事前予約で当日は予約時間での来店などの対処をしています。

これはクラスターを把握する観点からも重要で、つまりコロナ患者(は9割9部いる)が発生した時に、来店時間が把握できていると同じ時間帯に来店した顧客への報告なども行えます。接客した従業員なども出勤停止などの判断も即座に行うことができます。

家電量販店の場合は、ポイントカードがあるので、おおよその来店時間はつかめますが、福袋販売以外に初売りセール商品をみて回ることを考えると、クラスターの特定が大雑把となり、(実際には接客していない従業員も含めて)全面的に休業する必要性が出てくるかもしれません。

ぶちくま
ぶちくま

予約制にして商品の受け渡しだけにすれば、従業員と顧客同士での接点はかなり少なく抑えられます。ただ、それやるならもうオンラインで販売しちゃえよという気持ちも出て来ますね。

店舗側のメリットを考えれば、やはり来客してもらい後日でも使用できる「割引クーポン」などで姑息的に対応しながら、密集度を考えてなんとか上手に福袋販売をしていきたいところではあります。

CoCoaなども利用する

長々書きましたが、私自身は福袋大好きなので、感染対策に注意しながら、楽しく福袋販売が楽しめれば一番いいなと考えています。

最低限のエチケットとして、福袋販売に参加する以上「コロナクラスターに身を置いた」と考えて数日は体調をケアしながら自宅待機し、調子が悪ければ会社を休み、外出を控えるなどの対応は必要かと思います。

感染すること自体は仕方がないので、最低限、誰にも移さないように配慮した生活を心がけ、コロナ追跡アプリなども導入しておけば他の感染者の早期発見にもつながるので、その辺りの配慮ができていればいいのかな、なんて気持ちはしています。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan無料posted withアプリーチ

病院に行かなければいけないようなリスクを避ける

これは医療者としてのお願いですが、重症患者の受け入れ自体が困難になってくると考えられます。

気をつけていても事故は起きますし、病気にもなりますが、例えば年末にハメを外してアルコールを大量に摂取して「急性アルコール中毒」になったり、脳血管・循環器系への負担がかかるような「寒暖差」のない生活を心がけていただけると、救急患者を減らすことにはつながります。

交通事故も、早めのタイヤ交換や無理な運転を控えるなどするだけでも、事故の確率は減らせます。タイムプレッシャーは危険運転にもつながるので、時間に余裕のある移動を心がけていただくだけでも医療現場としてはありがたいです。

福袋に関して言えば、やはり感染予防が第一ですが、購入の際には寒くなりますし体調も崩れやすいので、無理だけはしないようお願いします。

減らせるリスクに関しては減らす行動をとっていただくだけで、医療者としては嬉しい限りです。ご協力をお願いします。

なんだかんだ言ってもヨドバシ・ビックの二強

2020年は、福袋の検索からようやく解放されて、適度に更新しながら状況を眺めておりました。昨年の慌ただしさからは嘘のようで、(とは言え、それでも毎時間数百人がサイトに押し寄せるので、それなりに最新情報は届けられるようにしていましたが)

2019年は検索に見事に引っかかってしまい、事故的に破滅的に絶望的に忙しく福袋記事を更新し続ける羽目になってしまいました。しかし、調べれば調べるほど、結論は「やっぱりビックとヨドバシの福袋は桁違い」ということでした。

ぶちくま
ぶちくま

2021年は、また忙しく頑張れるように、まずは検索に載れるようにしっかりと記事を作り上げていこうと思っています!

2021年は「おもちゃ」は奪取したい

とうとう、我が子もおもちゃをフルで遊び倒す年齢になってしまいました。つまり、私もとうとう「おもちゃ福袋争奪戦」に参加します。

おもちゃの注目はヨドバシ

もうね、決めました。ヨドバシのトミカ福袋は絶対にゲットします。この辺りはヨドバシは安定感があって、お得確定の札が貼ってある。

対抗のトイザらスLEGOも必須

それと、やっぱりLEGOで遊びたいですよね。最近、子供がおもちゃでブロック遊びできるようになって一緒に遊んでて楽しくなりました。そうなると、できれば手に入れたいトイザらスのLEGO福袋

しろくまさん
しろくまさん

イオンにもLEGO福袋が出るんだけど、やはりトイザらスの方が一枚上手感がある。

スポンサーリンク

どうして人は福袋を買うのかという考察

この数年間、年末年始は全て福袋にかけた30代男子のタワゴトです。

初売りに並ぶのって得なの?

これはぶっちゃけ損ですよね。

大晦日という貴重な時間を、福袋を買うのに並ぶのは、時間の浪費ですし、正直、福袋で数万円安く手に入ったとしても、コスパは悪いです。

だいたい、余計なものを買いますし。風邪なんてひいたら最悪です。良い子は黙って家でドラえもん見てましょう。

福袋はあくまでも祭り

そんなことはみんな気づいて、並んでいるんです。いわゆる、祭りに参加するみたいな。冠婚葬祭は無駄だからやめようって(心の中で思っていても)ならないのと一緒です。

初売りを葬式結婚と並べるなって話ですが。

福袋を買う権利を勝ち得るだけで大変

だいたい、希望のものを購入する(権利を得る)為には、前日の閉店前には並んでいたという情報もあります。

ぶちくま
ぶちくま

権利、ですからね。それ、当たりとは限らないからね。それでも人は並ぶんです。

メルカリに転売されたものを買った方が低カロリー高コスパ

勝ち組は欲しいものをメルカリで安くなってから買う人です。いや、いっそ何も買わないのが勝ち組なのかもしれない。

ぶちくま
ぶちくま

月給もらって働いている人だったら、だいたい日当1万円からだとは思うけど、あの寒い中並んで実益1万切ったらアウトとか、もふもふの毛皮で包まれているぶちくまでも行かないね。

毛皮をもたない一般市民だったら凍死するレベル。

2023年版、メルカリで福袋を取り扱う方法と買う場合の注意点
今年も福袋商戦で、在庫処理に困っていませんか?どうせ家で腐らせるくらいなら、「福袋熱」が熱いうちにメルカリで売ってしまうのはいかがでしょうか。この記事では福袋についてのメルカリ攻略法を購入者視点、出品者視点で書いています。心理戦で勝つための方法です。

ヨドバシカメラとビックカメラの実店舗に並ぶなら

ヨドバシカメラとビックカメラの実店舗比較記事になりますが、2019年はビックカメラ、2020年と2021年はヨドバシカメラがお得だったな、という考察などもしています。

実店舗版、家電量販店の福袋の狙い方「元旦に行くべき家電屋さん」
実店舗にいく場合に、大晦日の夜から並ぶ価値のある優秀な店舗を検討したいと思います。そこで、筆頭に挙げられるヨドバシとビックカメラだったらどちらに並ぶべきか、昨年の福袋内容なども合わせて検討していきます。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「顧客 ノジマ 位置」に関する最新情報です。

    ノジマは2024年3月22日、「ノジマモバイルアプリ」に新機能を追加しました。この新機能により、店内マップ上で顧客自身の位置情報が表示され、現在使用中の家電商品の情報も確認できます。これにより、顧客は商品の位置や関連情報を簡単に把握できるようになります。また、購入した商品がアプリに反映され、製品選びや店員への相談に役立てられるとともに、関連したクーポンも配信される予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vaXQuaW1wcmVzcy5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8tLzI2MTAx0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「計画 開発 開発 計画」に関する最新情報です。

    3月25日、「新宿駅西口地区開発計画」の新築工事が始まりました。この計画は小田急電鉄、東京地下鉄、東急不動産の3社が主体となり、2029年度までに完成する予定です。計画では商業とオフィスを主な用途とし、地上48階建ての建物が建設されます。この計画は新宿の再整備や国際競争力強化を目指しており、地域の特性に合わせた開発が進められています。今後は3社が協力し、新宿の街に新たなランドマークを創出していく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001197.000012974.html

  3. buchikuma-info より:

    「サービス ノジマ サービス 提供」に関する最新情報です。

    ノジマは、日立とGlobalLogic Japanとの協創による「DXプロジェクト」の第2弾サービスを開始した。新サービスでは、店内での位置情報や自宅の家電情報を活用し、顧客体験価値を向上させる取り組みを展開している。これにより、お客様がより楽しく、便利にお買い物を楽しめる環境を提供することを目指している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000317.000067590.html

  4. buchikuma-info より:

    「企業 ゲーム 開発」に関する最新情報です。

    colyの決算説明資料によると、ゲーム事業の新規開発では『ブレイクマイケース』、Switch版『オンエア』、大手エンターテインメント企業との協業案件の3本が進行中であり、2026年1月期には他社協業作品がリリース予定となっている。また、他の新規開発も検討中であり、追加の開発タイトルが近いタイミングで発表される可能性がある。

    https://gamebiz.jp/news/383255

  5. buchikuma-info より:

    「イベント 開催 育児」に関する最新情報です。

    神奈川県横浜市で開催される「マタニティ&ベビーフェスタ2024」は、自分らしい出産や育児を見つけるファミリーイベントで、100社以上の団体や企業が参加する。展示ブースでは育児に役立つサービスやグッズが展示され、体験コンテンツも充実している。来場者は無料で、注目の体験イベントが盛りだくさん。さらに、スペシャルゲストやキャラクターも登場し、楽しいイベントとなる予定。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTEyOTM10gEA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「改革 業務 経費精算」に関する最新情報です。

    株式会社ニーズウェルは、スギ薬局が推進する月次決算早期化の一環で経費精算業務改革を支援しており、デジタル化やモバイルアプリを活用した業務改革を進めている。ニーズウェルのITリエンジニアリングサービス「経費管理・請求管理」を活用し、Concur® ExpenseやConcur® Invoiceなどの導入支援を通じて、経費精算や請求書管理の効率化を実現している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000173.000092586.html

  7. buchikuma-info より:

    「ai 投資 ai コスト削減」に関する最新情報です。

    2024年にAIへの投資を増やす企業が多い中、経営幹部の半数以上が「AIによるコスト削減を期待」しているが、実際にはその効果が得られていない。コスト削減を期待する一方で、AI導入の障害となる重要事項が存在し、投資額と成果の間にギャップがある可能性が指摘されている。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2402/28/news096.html

  8. buchikuma-info より:

    「ご飯 100 100 amazon」に関する最新情報です。

    HARIOの耐熱ガラス製ご飯釜がAmazonで1,100円のセール中。電子レンジで最大2合のご飯が炊ける便利なアイテム。

    https://www.lifehacker.jp/article/amazon-timesale-2024-0222-1/

  9. buchikuma-info より:

    「amazon まとめ ブロック」に関する最新情報です。

    Amazonでは、レゴ(R)ブロックを含むさまざまな商品が対象のまとめ割キャンペーンが開催されています。2月29日までの期間中、対象のレゴ(R)ブロックを2点まとめて購入すると、5%OFFのセールが行われています。特におすすめの商品をピックアップして紹介しています。

    https://stds.jp/amazon-lego-bundle-sale-feb-2024/

  10. buchikuma-info より:

    「予想 修正 業績」に関する最新情報です。

    日本精機(新潟県長岡市)は、主力事業である車載部品事業が好調で増収増益を達成し、2024年3月期の業績予想を上方修正した。売上高は2,296億4,600万円(前年同期比15.1%増)、営業利益は66億3,900万円(同350%増)となり、経常利益も116億5,700万円(同337.4%増)となった。車載部品事業では、半導体ひっ迫が解消し、四輪車用計器・二輪車用計器の収益が増加した。また、民生部品事業では半導体ひっ迫によるバックオーダー解消のための増産があったが、前年同期と比較して減収減益となった。業績予想の修正理由としては、円安傾向や中国での受注増加が挙げられており、売上収益や営業利益の増加が見込まれるため、業績予想を修正した。

    https://www.niikei.jp/956802/

  11. buchikuma-info より:

    「予想 修正 業績」に関する最新情報です。

    北陸ガスは、地震によるガス管の修繕費などの影響で、2024年3月期の通期業績予想を下方修正した。売上高は628億円(前回予想比0.9%減)、営業損失は1億9,000万円(前回予想は1億2,000万円の利益)となった。ガスの販売量が計画を下回っており、地震による災害損失として約2億円の修繕費用を特別損失に計上する予定。

    https://www.niikei.jp/955237/

  12. buchikuma-info より:

    「交通 交通 開放 開放」に関する最新情報です。

    東京都が整備を進めている西東京3・4・9号保谷東村山線の一部区間が交通開放されることが発表されました。具体的には、所沢街道の六角地蔵尊交差点付近から西原自然公園通りまでの約400mの区間が交通開放されます。これにより、交通渋滞の緩和や広域避難場所へのアクセス性の向上が期待されています。今後は無電柱化や歩道整備などの工事が行われ、全区間の早期開通が目指されます。なお、交通開放に際しての開通記念式典は行われません。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004909.000052467.html

  13. buchikuma-info より:

    「対話 技術 デジタル」に関する最新情報です。

    NTTは、「デジタル分身」の実現に向けて、対話技術と声の再現技術の2つの新技術を開発しました。これにより、個人の口調や発話内容の特徴を反映させた対話の生成や、個人の声色を反映させた音声合成が可能となります。また、NTTはIOWN(Innovative Optical and Wireless Network)という革新的な技術を活用し、AIエージェント「Another Me」の開発を進めています。これにより、個人の行動や経験を共有することで、デジタル分身を所有しやすくすることが目指されています。

    https://japan.cnet.com/article/35213903/

  14. buchikuma-info より:

    「年末年始 移行 コロナ」に関する最新情報です。

    コロナ禍で進化したのは「悪質貧困ビジネス」だけではない。年末年始の移行後、新たな問題が浮き彫りになってきた。例えば、大阪のあいりん地区や東京の寿町では、年越しの炊き出しや食事の配布が行われていたが、コロナ禍により参加者が増え、行列ができるなど混乱が生じている。また、新宿では「新宿ごはんプラス」という食品の配布イベントが開催されていたが、コロナの影響で参加者が増え続け、支援が後退している。さらに、都内ではコロナ禍により生活保護の利用者が増え、ビジネスホテルやネットカフェでの滞在が増えているが、施設の状況や生活保護の利用に関する問題も浮き彫りになっている。これらの問題は、コロナ禍による貧困ビジネスの進化を示している。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_659e8084e4b0e696b910417c

  15. buchikuma-info より:

    「年末年始 移行 コロナ」に関する最新情報です。

    コロナ禍で進化したのは「悪質貧困ビジネス」だけではない。年末年始の移行後、新たな問題が浮き彫りになってきた。例えば、大阪のあいりん地区や東京の寿町では、年越しの炊き出しや食事の配布が行われていたが、コロナ禍により参加者が増え、行列ができるようになった。また、新宿では「新宿ごはんプラス」という食品の配布イベントが開催されていたが、参加者が増え続け、年末年始には779人が集まった。さらに、コロナ禍により物価が高騰し、生活が苦しくなった人々に対する支援も後退している。一部のビジネスは、貧困状態にある人々を悪質に利用し、利益を得ていることが明らかになっている。これらの問題に対して、適切な支援や対策が必要とされている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_659e8084e4b0e696b910417c

  16. buchikuma-info より:

    「今年 好調 初売り」に関する最新情報です。

    デパートの新春初売りが好調であり、今年の物価と消費についても注目されています。例年通り、初売りの売り上げは前年比で伸びており、今年も好調な傾向が見られます。特にデパートの新春初売りでは、行動制限がある中でも多くの来店客が福袋を目当てに行列を作っています。福袋には洋服や食品などが入っており、人気が高いです。また、円安の背景もあり、観光客の増加も売り上げの増加につながっています。一方で、物価の高騰が続いており、消費にメリハリが求められています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vbmV3cy50di1hc2FoaS5jby5qcC9uZXdzX2Vjb25vbXkvYXJ0aWNsZXMvMDAwMzMxMzU4Lmh0bWzSAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「社内 ワーケーション 徳島」に関する最新情報です。

    家具メーカーのイトーキが、社内の若手デザイナー6人によるプロジェクト「徳島ワーケーション」を実施しました。このプロジェクトでは、デザイナーたちが自由に枠組みを決め、徳島県の上勝町と神山町で活動しました。彼らは徳島での経験を通じて、新たなアイデアやインスピレーションを得ることができました。また、2024年以降の第2期メンバーも既に活動を開始しています。このプロジェクトは、コロナ禍での働き方の変化に対応するために行われた取り組みであり、若手デザイナーたちにとって貴重な経験となりました。

    https://japan.cnet.com/article/35212361/

  18. buchikuma-info より:

    「ゲーム コジマ 開催」に関する最新情報です。

    第3回Web3チャレンジスクール「ロブロックスでゲームをつくってみよう!」がコジマ×ビックカメラで開催されました。このイベントでは、ロブロックスのクリエイターチームやゲスト講師による指導のもと、参加者がゲームを作成しました。初心者から上級者まで幅広い年齢層の方々が参加し、完成したゲームは世界に公開される予定です。また、2024年1月には第4回の開催も決定しました。参加者は短い時間でゲーム制作に取り組み、積極的な姿勢で学びました。このイベントは、オープンハウスグループがWeb3.0領域の技術情報を提供し、STEM教育に取り組む一環として開催されました。ゲスト講師のクリエイターチームや先生の指導により、参加者は新しいプログラミングの知識を学びながら、自らゲームを作成する楽しさを体験しました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDA0ODIuMDAwMDI0MjQxLmh0bWzSAQA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「エンド エンド クラブ クラブ」に関する最新情報です。

    イザナギゲームズは、本日よりワールズエンドクラブ、冤罪執行遊戯ユルキル、デスカムトゥルーのNintendo Switch DL版が40%オフになる特別セールを実施します。さらに、ワールズエンドクラブとデスカムトゥルーのグッズ全品が60%オフになります。また、ディスクロニア: CA Definitive Editionのプレイ感想キャンペーンも開催され、抽選で24名に「ディスクロニアコレクターズボックス」がプレゼントされます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000205.000040198.html

  20. buchikuma-info より:

    「2024 正月 カレンダー カレンダー 昨年」に関する最新情報です。

    2024年の冬にお正月福袋が販売される予定です。昨年の実績を参考に、福袋の販売スケジュールや人気のある福袋をまとめたカレンダーが公開されています。2024年の福袋の予約や販売がいつ頃始まるのか、昨年の実績と合わせて確認することができます。

    https://cafe-tatsujin.com/fukubukuro2020/2024-winter-schedule.html

  21. buchikuma-info より:

    「教育 世界 世界 教育」に関する最新情報です。

    熊本から世界の教育に貢献するためには、安心安全な教育行政が重要です。コンテンツブロックの有効性も検証されています。日本の教育制度は特別ではなく、世界の教育にも参考になることがあります。

    https://toyokeizai.net/articles/-/714918?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  22. buchikuma-info より:

    「冷蔵庫 中古 安い」に関する最新情報です。

    「とにかく安い冷蔵庫が欲しいからと中古を買って失敗する時の落とし穴」という記事では、安価な冷蔵庫を求めて中古品を購入する際に注意すべきポイントが紹介されています。まず、嫌なニオイがする冷蔵庫は避けるべきです。また、製造年が5年以上前のものはリスクがあるため、注意が必要です。さらに、中古冷蔵庫を購入する場合は信頼できるお店から購入するか、リサイクルショップで購入する際には店員にしっかりと質問することが重要です。また、不要な冷蔵庫がある場合は業者に依頼することもオススメです。記事ではさらに、「リサイクルページ」での依頼方法や、他の関連記事も紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNjk2NjAyL9IBAA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「1万 1万 世界 amazon」に関する最新情報です。

    Amazonブラックフライデーでは、1万円以上の電動歯ブラシがおすすめされています。これらのエントリーモデルは、世界が変わるほどの効果があります。特にブラウンのオーラルBジーニアスSブラックとiO4Sマットブラックは、コスパ面や時短面で優れています。Amazonブラックフライデーセールでは、1〜5万円の範囲で購入することができます。

    https://www.lifehacker.jp/article/2311-amazon-blackfriday-toothpaste-editors-recommend/

  24. buchikuma-info より:

    「amazon amazon ブラック あったか」に関する最新情報です。

    Amazonブラックフライデーでは、足先の冷え対策にぴったりな「スリッポン×あったかソックス」のセットがおすすめされています。さらに、冬用のルームシューズや合わせて使う靴下のおすすめも紹介されています。また、Amazonブラックフライデーでは様々な商品がセール中であり、特に周辺機器やロジクールのキーボードやマウスなどが注目されています。予算や購入リストを考慮しながら、お得な商品を狙うことができます。

    https://www.lifehacker.jp/article/2311-amazon-blackfriday-winter-room-shoes-and-socks/

  25. buchikuma-info より:

    「家事 amazon amazon ブラック」に関する最新情報です。

    Amazonのブラックフライデーセールで購入することができる家事を効率化する家電アイテムについて紹介されています。記事では、ロボット掃除機のロボロック S7+や食器洗い乾燥機のシロカ 2WAY、電気圧力鍋のティファールなど、家事を簡単にするための便利なアイテムが紹介されています。また、Amazonブラックフライデーセールでの購入を検討する際には、予算や必要な機能を考慮してリストを作成することが重要であると述べられています。

    https://www.lifehacker.jp/article/2311-amazon-blackfriday-smart-home-appliances/

  26. buchikuma-info より:

    「仕事 amazon amazon ブラック」に関する最新情報です。

    OneOdioのワイヤレスイヤホンは、オープンイヤーデビューに最適なアイテムとして注目されています。これは、仕事やワークアウトなど、さまざまなシーンで大活躍しそうな機能を備えています。イヤーフックは耳の形に合わせて調節可能で、快適な装着感を実現しています。また、低音を強化したTubeBassテクノロジーや音漏れ抑制機能も備えており、高品質な音楽体験を提供します。さらに、最長60時間の連続再生時間やノイズキャンセリングマイクの搭載により、クリアな通話品質も実現しています。これらの特徴から、OneOdioのワイヤレスイヤホンはAmazonブラックフライデーでの購入を検討する価値があります。

    https://www.lifehacker.jp/article/amazon-BlackFriday-2023-OneOdio/

  27. buchikuma-info より:

    「ドローン 教育 展開」に関する最新情報です。

    トルビズオンと福岡国土建設専門学校は、ドローン教育プログラムを海外展開することを発表しました。このプログラムは、災害対応やドローン物流に関する教育を提供するもので、特にブータンなどの途上国での展開を目指しています。福岡国土建設専門学校は、ドローンの技術に関する知識を現地の教育関係者や留学生に提供し、現地でのドローン活用のノウハウを共有する予定です。一方、日本在住の留学生には、自国に戻って関連するソリューションを提供することが計画されています。これにより、トルビズオンと福岡国土建設専門学校は、ドローン教育の国際的な展開に向けた基盤を築くことを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000115.000046605.html

  28. buchikuma-info より:

    「生徒 教育 メタバース」に関する最新情報です。

    埼玉県では、不登校の児童生徒に対して『3D教育メタバース』を活用した実証を開始することが発表されました。この取り組みは、長期欠席している児童生徒が「仲間と学びあえる新たな学び舎」を整備するためのものです。東日本電信電話株式会社の子会社であるNTTスマートコネクトが、この実証に取り組みます。この取り組みは、2023年11月20日に開始されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000843.000098811.html

  29. buchikuma-info より:

    「1万 1万 切っ amazon」に関する最新情報です。

    ソニーのサウンドバーが1万円を切ってAmazonでセール中です。このサウンドバーは後方スピーカーが不要でありながら、立体的な音を楽しむことができます。

    https://www.lifehacker.jp/article/amazon-timesale-2023-1120-2/

  30. buchikuma-info より:

    「lego und amazon」に関する最新情報です。

    AmazonでのLEGOの特別オファーが発表されました。Black Friday週間では、Star Wars、Harry Potterなどの人気シリーズのLEGOセットがお得に購入できます。さらに、LEGO Art、LEGO Technic、LEGO DC Comics、LEGO Marvel、LEGO Indiana Jones、LEGO Icons、LEGO Creatorなど、さまざまなシリーズのセットもセール対象となっています。Black Fridayまでの期間中、特別な割引が適用されるセットは、Amazonのショップページに赤いBlack Fridayの表示があります。さらに、その他のセットにも割引があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMidmh0dHBzOi8venVzYW1tZW5nZWJhdXQuY29tL3N1cGVyLWxlZ28tYW5nZWJvdGUtYmVpLWFtYXpvbi1ibGFjay1mcmlkYXktd29jaGUtbWl0LXN0YXItd2Fycy1oYXJyeS1wb3R0ZXItdW5kLWNvLTE3ODM0MC_SAQA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「lego store lego store」に関する最新情報です。

    タイトル: シドニーに世界最大のレゴストアがオープン

    見出し: ニュース速報、政治、犯罪、法廷、ニューサウスウェールズ&オーストラリア首都特別地域、クイーンズランド、ビクトリア、南オーストラリア、西オーストラリア、北部準州
    トピック1:
    トピックキーワード: レゴストア、シドニーのレゴストア、最大のレゴストア、世界最大のレゴストア、オープン
    トップの段落:
    エンティティ: 世界最大のレゴストアは、内部にいくつかのものを持っています。オーストラリアのニュース.com.auによると、ストアはシドニーハーバーブリッジの内部にあり、レゴの作品を作るために10,000,000個のブロックが使用されました。オープンまであと数時間です。シドニーハーバーブリッジのモデルは、3600時間かかって作られました。私たちのお気に入りの特徴は「ミニフィギュア工場」で、そこでカスタムのレゴフィギュアが作られます。シドニーの新しいストアには没入型の機能や創造的なプレイ体験があり、幅広いレゴ製品を楽しむことができます。

    キーワード: シドニーでオープンする世界最大のレゴストア、オーストラリアの最新のレゴストア、内部には1000万個のブロックが使用され、息をのむ

    https://news.google.com/rss/articles/CBMikgFodHRwczovL3d3dy5uZXdzLmNvbS5hdS90cmF2ZWwvdHJhdmVsLXVwZGF0ZXMvdHJhdmVsLXN0b3JpZXMvd29ybGRzLWJpZ2dlc3QtbGVnby1zdG9yZS1vcGVucy1pbi1zeWRuZXkvbmV3cy1zdG9yeS82ZmNhNzUzYzM0OGRmYTc4ZmJkYmRjZjMyYzQ4OWNlONIBlgFodHRwczovL3d3dy5uZXdzLmNvbS5hdS90cmF2ZWwvdHJhdmVsLXVwZGF0ZXMvdHJhdmVsLXN0b3JpZXMvd29ybGRzLWJpZ2dlc3QtbGVnby1zdG9yZS1vcGVucy1pbi1zeWRuZXkvbmV3cy1zdG9yeS82ZmNhNzUzYzM0OGRmYTc4ZmJkYmRjZjMyYzQ4OWNlOD9hbXA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「患者 疾患 取り組み」に関する最新情報です。

    がん・希少疾患・難病・CNS領域疾患の患者を対象に行われた調査によると、99%の患者がPatient Centricity(患者中心)やPPI(患者・市民参画)活動に関する取り組みを高く評価していることが明らかになりました。この調査は、3Hグループが実施し、2023年11月7日に発表されました。調査結果からは、患者の声を取り入れた医薬品開発やPPI活動の重要性が示されており、今後も患者中心の取り組みが進められることが期待されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000013827.html

  33. buchikuma-info より:

    「患者 疾患 ppi」に関する最新情報です。

    がん・希少疾患・難病・CNS領域疾患の患者の99%が、Patient Centricity(患者中心)やPPI(患者・市民参画)活動に関する取り組みを高く評価していることが患者調査から明らかになりました。調査には201人の患者が回答し、77.6%がPatient CentricityとPPI活動について肯定的な意見を持ち、21.9%が肯定的な意見を持っていました。また、94.1%の患者が新薬の開発に関する意見を伝える機会に参加したいと考えており、64.2%が参加したいと回答しました。今後も患者中心の取り組みやPPI活動の推進が必要であるとされています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000013827.html

  34. buchikuma-info より:

    「コスト サービス アセスメント」に関する最新情報です。

    Airitech株式会社は、インフラ・コスト・アセスメントサービスを開始しました。このサービスでは、クラウド費用の見直しと最適化を行い、20〜30%のコスト削減が可能です。Airitechは、クラウドコストの診断や改善支援を行う熟練したエンジニアを提供しています。このサービスは、クラウドサービスの使い方やコスト削減のアクションプランを提案し、クラウド環境の性能やリスク対策も提供します。また、AWS、Azure、GCPなどのクラウドプロバイダーに対応しており、年間1億円以上のコスト削減が見込めます。Airitechのエンジニアは、システムの運用コストの診断や改善の支援を行い、必要に応じてシステム環境のコスト診断ツールのインストールや設定も行います。さらに、エンジニアによる1回のレポート発行も含まれています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000028824.html

  35. buchikuma-info より:

    「コスト サービス アセスメント」に関する最新情報です。

    Airitech株式会社は、インフラ・コスト・アセスメントサービスを開始しました。このサービスにより、クラウド費用の20~30%の削減が可能とされています。Airitechは、クラウドのコストを見直し、効率的なプランを提案することで、企業のコスト削減を支援します。サービスには、熟練したエンジニアによるシステムの診断や改善提案が含まれており、AWS、Azure、GCPなどのクラウドサービスに対応しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000028824.html

  36. buchikuma-info より:

    「コスト サービス アセスメント」に関する最新情報です。

    Airitech株式会社は、インフラ・コスト・アセスメントサービスを開始しました。このサービスにより、企業はクラウド費用を20〜30%削減することが可能です。Airitechは、クラウドコストの見直しやプランの提案、システムの運用コストの改善支援などを行っています。サービス申込みや詳細については、Airitechのウェブサイトを参照してください。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000028824.html

  37. buchikuma-info より:

    「価格 仕組み 価格 分かり」に関する最新情報です。

    ガソリンの価格が分かりにくい理由として、ガソリンスタンドの価格表示が複雑であったり、値引きの仕組みが複雑であることが挙げられます。ガソリンスタンドは、昔からガソリンや軽油などの燃料を販売する業態であり、商品の価格を比較しやすくするために、単価を掲げることが一般的でした。しかし、都市部や幹線道路などにおいては、大型のガソリンスタンドが増えてきたため、価格を比較しやすくするために看板を設置して呼び込むという手法が一般的になりました。その結果、価格表示が複雑になり、ガソリンの価格が分かりにくくなってしまったのです。また、値引きの仕組みも複雑であり、各ガソリンスタンドが独自の値引きキャンペーンを行っているため、消費者にとってはどのガソリンスタンドが最もお得なのか判断するのが難しいという問題もあります。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2310/20/news033.html

タイトルとURLをコピーしました