家電量販店の決算セールまとめ「開催月と利益確定商品」

家電量販店のセールに関する情報をまとめています。

このページでは、「決算セール」についてまとめています。

スポンサーリンク

2023年の大手家電量販店決算セール比較

2023年の家電量販店の決算セール開催状況について店舗ごとにまとめていきます。

ヨドバシカメラの決算セール

ヨドバシカメラの決算セール情報をまとめています。

2023年のヨドバシカメラの決算セール

ヨドバシカメラの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

ヨドバシカメラに関連するセールリスト

ビックカメラの決算セール

ビックカメラの決算セール情報をまとめています。

2023年のビックカメラの決算セール

2023年のビックカメラの決算セール

ビックカメラの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

ビックカメラに関連するセールリスト

ソフマップの決算セール

ソフマップの決算セール情報をまとめています。

2023年のソフマップの決算セール

ソフマップの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

ソフマップに関連するセールリスト

コジマの決算セール

コジマの決算セール情報をまとめています。

2023年のコジマの決算セール

2023年のコジマの決算セール

コジマの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

コジマに関連するセールリスト

ジョーシンの決算セール

ジョーシンの決算セール情報をまとめています。

2023年のジョーシンの決算セール

ジョーシンの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

ジョーシンに関連するセールリスト

エディオンの決算セール

エディオンの決算セール情報をまとめています。

エディオンのクリアランス/アウトレットセール情報
エディオンの在庫処分・アウトレットセール情報に関する情報をまとめています。年末年始、決算、ブラックフライデーで稼働しているので、セールでお買い得になった商品情報を随時更新していきます。

2023年のエディオンの決算セール

2023年のエディオンの決算セール

エディオンの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

エディオンに関連するセールリスト

ノジマの決算セール

ノジマの決算セール情報をまとめています。

2023年のノジマの決算セール

2023年のノジマの決算セール

ノジマの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

ノジマに関連するセールリスト

ケーズデンキの決算セール

ケーズデンキの決算セール情報をまとめています。

2023年のケーズデンキの決算セール

2023年のケーズデンキの決算セール

ケーズデンキの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

ケーズデンキに関連するセールリスト

ヤマダ電機の決算セール

ヤマダ電機の決算セール情報をまとめています。

2023年のヤマダ電機の決算セール

2023年のヤマダ電機の決算セール

ヤマダ電機の2024/03/23時点での決算セールの情報です。

ヤマダ電機に関連するセールリスト

スポンサーリンク

2023年、家電取扱のあるサイトでおすすめの決算セール

家電商品の取り扱いがあるお店の情報を掴んだらここにまとめていきます。

Amazonの決算セール

Amazonの決算セール情報をまとめています。

2023年のAmazonの決算セール

Amazonの2024/03/23時点での決算セールの情報です。

Amazonに関連するセールリスト

楽天市場の決算セール

楽天市場の決算セール情報をまとめています。

2023年の楽天市場の決算セール

楽天市場の2024/03/23時点での決算セールの情報です。

楽天市場に関連するセールリスト

スポンサーリンク

家電量販店の決算セール情報

家電量販店の決算に関する情報をまとめています。

家電量販店の決算月リスト

決算セールか、他のセールを待つべきか

決算は年に1度、決算月にしかありません。

しかし、ほとんどの家電量販店では決算報告は年に4回あるため、「決算セール」と銘を打ったセールに関しては何度もやるところがあります。

「いま、決算セールをやっているみたいだけど、本当に安いんだろうか」と疑問に感じた時に、現在のセールがちゃんと安いのか、それとももっと大きなセールが控えているのか知りたい時に参考になる情報をまとめておきます。

家電量販店はどんなセールを開催するの?

家電量販店に限ったことではないですが、一般的な小売業界では以下のようなセールを開催します。

  • 開店記念セール(オープンセール、誕生祭、創業祭、大感謝セールなど)
  • 閉店セール
  • 企画展、フェア
  • 決算セール、中間決算セール
  • 春(新学期、新生活応援フェア、ゴールデンウィークなど)
  • 夏(サマーバーゲン、ボーナスセールなど)
  • 秋(シルバーウィーク、ハロウィン、ブラックフライデーなど)
  • 冬(クリスマス、歳末、初売りなど)
一番安いセールはどれか

一番安いセールとなり得るものは「閉店セール」と「決算セール」です。

共通点は「在庫を残すことにメリットがない時」ということ。在庫というのは「店の利益」がモノになった状態。

閉店の場合は在庫の処理方法は「セール」か「専門業者の買取」、「廃棄」になります。いずれにしても利益が見込めるものではないため、最後にできる限りは顧客に還元したいという思いがあるところもあるでしょう。少なくとも、ゼロよりはマシ。余計な経費がかかる場合にはダラダラ経営しても仕方がないですが。

決算セールの場合は、決算が納税額を決めるための処理だということがポイント。在庫として「店舗の利益」を残しておくことで、税金の計算で不利になることがあります。税金を納める額が増えるくらいなら、利益がなくなっても顧客に還元して来年度以降の利益に繋がった方がいいと考えるところが多いと思います。

ただし、閉店セールに関しては近所の商店街などでは「ずっと閉店セール」をしているところもあるので、必ずしも「閉店セール」と名のつくものが安いとは限らないです。

店舗移転などの都合がある場合に関しても、在庫を全て無くす必要がなければ相応の値段ですし、運搬に経費がかかるくらいなら顧客に還元してしまった方がいいとするケースもあるでしょう。

季節セールは安くない?

「決算」「閉店」以外のセールが安くないかといえば、そういうわけではありません。ただし、「在庫をなくすセール」と異なるのは、他の季節においては店の利益と顧客還元のバランスを探りながら買い物をするため、適正価格を把握しておく必要があります。

もちろん、一般消費者にとってすべての商品の「購入すべき価格」を把握しておくことは難しい話で、皆さんも普段の買い物のレギュラーメンバーだけ「いくらなら買った方がいい」と決めていることと思います。

季節セールは、季節の移ろいによる需要の変化に合わせて商品を「売れる価格」にして販売します。

販売側も「いくらなら売れるか」に関しては手探りなところもあり、基本的には高い値段から徐々に値下げをして買い手を探すわけです。

「値段を下げてもシーズン中に売れなかったもの」は在庫処分の対象となります。つまり、季節セールにおいては「終わった季節」の商品に注目して底値を狙っていくのが価格としてはお得な買い物となります。

ぶちくま
ぶちくま

在庫は、置いておくだけでコストになるので、できる限りはシーズン中に処理してしまいたいのが販売店側の心理ですよね。

ブラックフライデー、サイバーマンデーセール

近年、注目度が上がっているのが「ブラックフライデー」です。ブラックフライデーの家電量販店の情報まとめはこちら。

家電買うならどこがいい?ブラックフライデー編
年末に家電を買う際に「ブラックフライデーで買っちゃうか」「年末年始のセールまで待つべきか」参考になる情報をまとめています。
ブラックフライデーがお得な理由

ブラックフライデーが注目されるのは、時期的に「クリスマスや歳末の需要を先取りできる」セールとなるから。もともと、日本ではクリスマスから年末にかけてはモノが売れやすい時期。季節のイベント、年末年始の休暇、ボーナス。

ネット通販の普及もあり、「最安値」を把握しやすいがためにセールであっても普通の価格ではものが売りづらくなっています。一方で、どんな季節であってもSNSなどが入り口となって「欲しいと思ったものがタップすれば買える」時代でもあります。

需要の奪い合いが激しくなるからこそ、12月を待たずにセールを開始するところが年々増えていきているようです。

ChatGPT曰く、以下のような理由でブラックフライデーが注目を集めています。

日本においてブラックフライデーが注目される理由

日本においてブラックフライデーが注目される理由は以下の通りです。

  1. 大幅な割引率:ブラックフライデーには、日本の小売業者も多く参加しており、多くの商品が大幅に割引されます。これにより、日本の消費者も手頃な価格で商品を購入できるため、注目されるようになっています。
  2. 海外からの影響:アメリカ合衆国発祥のブラックフライデーは、多くの国々で広く知られるようになりました。そのため、日本でも海外からの影響を受け、ブラックフライデーが注目されるようになったと考えられます。
  3. オンラインショッピングの普及:日本でもオンラインショッピングが急速に普及しており、多くの小売業者がオンラインセールを開催しています。ブラックフライデーも例外ではなく、多くの小売業者がオンラインセールを開催するため、多くの消費者がこのセールイベントに参加するようになっています。
  4. クリスマスシーズンの始まり:ブラックフライデーは、アメリカ合衆国で感謝祭の翌日に開催されるため、クリスマスシーズンの始まりとして知られています。日本でも、クリスマスシーズンの始まりとしてブラックフライデーが注目されるようになっています。
  5. 独自のイベント性:日本の一部の小売業者は、ブラックフライデーを独自のイベントとして捉え、限定商品や数量限定商品などを販売しています。そのため、日本の消費者にとっても注目されるイベントになっています。

以上のような理由から、日本でもブラックフライデーが注目されるようになっています。

決算セールよりもお得?

先に私の考えを申し上げると、決算セールの方が「商品によっては安い」と考えています。ただし「目当ての商品」かどうかになると微妙なところ。

例えば底値だけを狙ってせどり商品の仕入れに使うなら、決算セールの赤字覚悟の在庫一掃商品を狙うべきです。

一方でブラックフライデーは「先行需要」の確保となるため、在庫を残しておいてもまだまだ年末年始に売り抜ければ問題はないため、安くない商品も多いです。

ただ、ブラックフライデーで売るためには他店舗のセールに負けずに「顧客の関心を集める」必要はあるため、話題の商品や一部の商品を大幅に値下げすることで、注目度を高める策を講じる店は多いと思います。

言い換えると、「人気商品は少しの値下げでも買う価値があり決算セールには在庫にならない」「一部の広告商品は底値と言えるくらいに安く設定して客寄せとして利用する」点では、決算セールよりもブラックフライデーを利用する方がおすすめだと言えます。

以下はChatGPTです。

日本の家電量販店においても、決算セールとブラックフライデーセールはどちらがお得かは、セールの内容や商品によって異なるため一概には言えません。

一般的に、決算セールは店舗が在庫整理のために行われるセールであり、店頭にある在庫商品が割引されることが多いため、値引き率が高くなる傾向があります。また、決算セールの場合、値引き商品に限定している場合が多いため、自分が欲しい商品が対象に含まれているか確認する必要があります。

一方、ブラックフライデーセールは、アメリカ発祥の大規模なセールイベントで、多くの小売業者が参加しています。日本でも最近は多くの店舗でブラックフライデーセールが行われています。ブラックフライデーセールでは、多くの商品が割引されるため、割引率が高い商品が多い傾向があります。ただし、人気商品はすぐに売り切れてしまうことがあるため、早めの行動が必要です。

総じて、どちらがお得かは状況によって異なりますが、決算セールは在庫商品が対象であるため、在庫によって値引き率が変わることがあるため注意が必要です。ブラックフライデーセールは多くの商品が割引されるため、お得な商品があるか確認してから購入することが重要です。

年末年始、歳末、初売りセール

季節系の王道セールといえば「歳末セール」「初売りセール」などの年末年始のセールになります。

家電量販店の年末年始セール情報をまとめたページはこちらになります。

家電量販店の歳末・初売りセールの情報まとめ
家電量販店の年末・年始のセール情報を投げ入れておくためのページです。

決算セールと比較すると初売りセールは以下の特徴があります。

  • 11月(ブラックフライデー)から始まる年末年始商戦の最後の砦
  • 2月はものが売れない時期
  • 冬から春への環境の変化
  • 年度末に向けての商品入れ替え時期
  • 3月に決算セールを控えている

商品によっては変化がないものもありますが、「年末年始のセールで売るはずだったもの」が残っている場合は、ここで最終価格として売り切ってしまいたい狙いはあると思います。

特徴としては、1月の後には閑散期となる2月が控えており、多くの家電量販店が決算期にしている3月も控えています。

この辺りは商品の選別にもよるところがありますが、新規需要となる新生活への商品入れ替えもあるため、冬シーズンのものは売り切りたい時期だといえます。一方でオールシーズン需要が発生するものであれば、まだ売り切りまでは意識しなくてもいい余白はあるともいえます。

初売りセールと決算セールの比較

以下はChatGPTで表形式で理由を出力してもらいました。便利だなぁ。

セール名メリットデメリット
決算セール– 値引き率が高い
– 在庫商品が割引対象
– 値引き商品に限定されている場合がある
-在庫によって値引き率が異なる場合がある
初売りセール– 多くの商品が値引きされる
– 商品が新品であるため品質が保証される
– 混雑していることが多い
– お得な商品があるか確認してから行動しなければならない
スポンサーリンク

まとめ:今が狙いどきの家電決算セール

結論としては、「特定の商品が安くなるのは期待できないけど、何らかしらの商品が底値になる」というのが決算セールです。

消費者も知恵をつけてきて、「決算セール」がお得だと知れれば、今度は決算セールを早めに開催して「決算最後のクリアランスセール」みたいなのを決算期に入れてくる場合もあります。

ただ、決算月自体は簡単に動かすことはできないので、在庫状況と需要/共有バランスを見ながら「この価格だったら買ってもいい」というラインを決めることが大事。

一方で、一般の消費者にとっては「底値で仕入れる」ようなせどり・転売業をやるわけではないので「欲しいと思ったものを、欲しいと思った時に買う」ことも大事です。

さらにいえば、「安値だからといっていらないものを買ってしまう」ことは、我々にとってはただの無駄遣い。

もちろん、素人でも転売できる時代なのでいらなくなったら売ってしまえばいいのですが、その手間を考えても「買いたいものを、買いたいときに、だけどなるべく安くは買う」というのが大事だといえます。

家電量販店の決算セール狙い所

家電量販店の決算セールでよくある質問

Q
家電量販店の決算セールはどこが狙い目ですか
A

家電量販店の決算セールでは「」がおすすめです。

Q
家電量販店では決算セールよりもお買い得なセールはありますか?
A

家電量販店のセールでは、決算セールは「」という特徴があります。

Q
家電量販店では決算セールよりもお買い得なセールはありますか?
A

家電量販店のセールでは、決算セールは「」という特徴があります。

ChatGPTが作成したFAQ

Q
決算セールとは何ですか?
A

決算セールは、家電量販店がその年の決算期を迎える前に、在庫を一掃するために行われるセールのことです。このセールでは、電化製品や家電製品が割引価格で販売されることが多く、お得な買い物ができるチャンスです。

Q
いつ決算セールが開催されますか?
A

決算セールの開催時期は、各家電量販店によって異なりますが、通常は3月下旬から4月上旬にかけて行われます。これは、日本の会計年度が4月から始まるためです。

Q
どのような商品が割引されますか?
A

決算セールで割引される商品は、家電製品全般にわたります。特に、春先に新しい製品が発売されるため、旧製品の在庫を一掃するために、昨年モデルの製品や在庫処分品が割引価格で販売されることが多いです。

Q
決算セールでの割引はどの程度ですか?
A

割引率は、家電量販店や商品によって異なりますが、通常は10%から50%程度の範囲になります。また、ポイント還元やクーポン利用などの特典もある場合があります。

Q
決算セールでの商品購入には注意すべき点はありますか?
A

はい、注意すべき点がいくつかあります。まず、割引率については、実際に販売されている商品と比較し、割引前の価格や他店の価格と比較することが重要です。また、新しいモデルが発売される場合があるため、旧モデルの製品を購入する際には、性能や機能の違いをよく確認してから購入するようにしましょう。さらに、購入前に返品や交換の条件や手続き方法を確認しておくことも大切です。

家電決算セールに関する口コミ・評判

家電を購入する際に参考になるようなSNSなどの情報を掴んだらメモしておくところです。

Twitterの情報

ChatGPTに聞いた「決算セール」の口コミや評判

以下は、日本の家電量販店における「決算セール」に関する口コミや評判の一例です。

  1. 「割引率が高くてお得だった。在庫処分品が多く、古いモデルの製品も格安で手に入れることができた。ただし、人気商品は早い段階で品切れになってしまうので、早めに買い物をすることをおすすめする。」
  2. 「混雑がひどくて、店内がとても狭く感じられた。レジまでの行列が長く、時間がかかったため、買い物をするのがストレスに感じた。」
  3. 「ポイント還元やクーポン利用などの特典が多く、割引価格よりもさらにお得に買い物ができた。また、店員さんが親切にアドバイスしてくれたので、自分に合った商品を選ぶことができた。」
  4. 「品揃えが少なく、欲しい商品がなかった。割引率が高くても、自分が必要とする商品がなければ意味がないので、もう少し品揃えを充実させてほしい。」
  5. 「オンラインショッピングでも決算セールの割引が適用されるため、家にいながらお得に買い物ができた。ただし、在庫状況がリアルタイムで反映されていないことがあるため、品切れになってしまうことがある点には注意が必要だった。」

決算セールに関連する記事リスト

決算セールに関する記事をまとめておきましたので参考にしてみてください。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「八尾市 閉店 ホール」に関する最新情報です。

    八尾市のプリズムホール1Fにあるカフェ「Café Restaurant TURQUOISEBLUE」が6月23日に閉店することが発表されました。このカフェは、2022年のプリズムホールのリニューアルと同時にオープンし、朝食からデザートまで幅広いメニューを提供していました。閉店まで1か月弱となっており、ファンやお気に入りのメニューを楽しんでいた方は、早めに訪れることがおすすめされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8veWFvLmdvZ3V5bmV0LmpwLzIwMjQvMDUvMzAvdHVycXVvaXNlYmx1ZS1jbG9zZWQv0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「54 54 買う amazon」に関する最新情報です。

    Amazonタイムセール祭りでは、PS5版プロコン「DualSense Edge」が2,411円OFFやり込むならおすすめ。また、7000円以下で暑さと節電対策に使える扇風機・サーキュレーターも5つ選ばれている。さらに、ラベルレス炭酸水が1本54円から販売されており、外で買うよりもお得にストックできる。

    https://www.lifehacker.jp/article/2405-amazon-time-sale-drinks/

  3. buchikuma-info より:

    「amazon セール 開始」に関する最新情報です。

    Amazonは4月19日9時から4月22日23時59分まで「Amazon スマイルSALE ゴールデンウィーク」を開催する。セールでは100万点以上の商品が特別価格で販売され、家電やAmazonデバイスが特価となる。対象商品にはFire HD 10 タブレットやEcho Pop、TVS REGZAの65型4K液晶テレビなどが含まれており、合計10,000円以上購入しポイントアップ条件を満たすと、通常より多くのポイントが付与される。ポイントは翌月末まで使用可能。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzYvMzdfNl9yXzIwMjQwNDEyXzE3MTI4OTMxMzE4ODQ0MjPSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「amazon amazon 新生活 セール」に関する最新情報です。

    ライフハッカー編集部員がリピートしている美味しいレトルト飯9選が紹介されている記事があります。また、料理の時短に役立つおすすめ万能調味料や時短キッチンツール、周辺機器なども紹介されています。記事ではAmazon新生活セールに関連したアイテムが紹介されており、自炊や料理を楽しむ人に役立つ情報が満載です。

    https://www.lifehacker.jp/article/2403-amazon-shinseikatsu-sale-final-pre-packaged-food/

  5. buchikuma-info より:

    「セール amazon amazon 新生活」に関する最新情報です。

    Amazon.co.jpでは、3月29日から実施される事前セールに先駆けて、Synologyのパーソナルクラウド「BeeStation」が割引価格で販売中。BeeStationは4TBのNAS専用アプリで、LAN内やインターネット経由でアクセス可能であり、クラウドストレージのように利用できる。セール価格は3万2500円。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vaW50ZXJuZXQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3OTE2Mi5odG1s0gEA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「セール amazon amazon 新生活」に関する最新情報です。

    Amazonの新生活セールファイナルが始まり、ひっそりとオープンしたビッグセールのおすすめアイテムが紹介されています。

    https://www.lifehacker.jp/article/2403-amazon-shinseikatsu-sale-final-start/

  7. buchikuma-info より:

    「フライデー ブラック ブラック フライデー」に関する最新情報です。

    2023年のホリデーシーズンでは、経済不安と自己へのご褒美ニーズから多くの消費者がブラックフライデーまで買い控える傾向が見られた。消費者の金融不安が続く中、多くの人が感謝祭前に買い物を始めると予想されていたが、実際にはブラックフライデーまで待つ人が50%を占めた。これは、消費者がホリデーシーズンにお得な買い物ができると考えているためとされている。このような消費者の行動は、各ブランドがホリデーショッピングシーズンを分散させようとする取り組みに逆行している。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2403/20/news031.html

  8. buchikuma-info より:

    「amazon amazon 新生活 セール」に関する最新情報です。

    Amazonの新生活セールで、小型で薄い空気清浄機6選が紹介されています。デスクでも活躍する一台もあります。また、Ankerの最強モニター台やハリオの耐熱ガラスタッパーもセール価格で購入できる情報も含まれています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRGh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS8yNDAzLWFtYXpvbi1zaGluc2Vpa2F0c3Utc2FsZS0tMTUv0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「利益 最終 最終 利益」に関する最新情報です。

    ビットファクトリーの2023年12月期決算では、最終利益が前の期比1.8%増の487万円となり、3期連続で黒字を達成したことが明らかになった。同社はブロックチェーン技術を活用したサービスを提供しており、モバイルゲーム事業や分散型アプリケーションの開発・提供を行っている。また、NFTマーケットプレイス「ユニマ」のサービス提供を2024年4月1日に終了し、ブロックチェーン事業から撤退する方針を示している。

    https://gamebiz.jp/news/382656

タイトルとURLをコピーしました